Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

sinriブラック心理学をつかって

相手の心を読んで新たな人間関係を

見直してみては(笑)


スポンサードリンク

ブラック心理学とは!?

普通の心理学ならみんなとお話ししながら楽しんで
もらえますが、ブラック心理学は・・・・・
人に言えないことを見抜けるちからがつくかもね(笑)

 

例えば

浮気している人に浮気している事実を自白させる
尋問技術(以下引用)

 

やり方はすごく簡単です。
何となく浮気してそうだなって感じたら急に予定が
詰まったなど怪しい行動をした翌日あたりに
笑顔で「ねぇ、昨日なんか良い事あった?」
とにこやかに相手の目を見抜いてください

 

 相手が白で浮気してなければ
「いや、別に・・・お前はなんか良い事あったのか?」
「お、よくわかったね!顔に出てたかな?実はさ~」

 

という返答が感じのかえってきます。
そんなの、当たり前じゃん!それ以外の返答ってあるのか?
と疑問に思われた方はいるんじゃないでしょうか?

 

 浮気してる可能性が高い場合の返答は
「え?何で?」
違和感感じませんか?

 

 この心理誘導のカラクリを説明すると
質問は「昨日良い事あった?」と聞いただけですよね?

 

普通なら質問の答えは「良い事あった(YES) か
別に無かったよ(NO)」の返答が
自然です。当たり前ですよね?

 

 しかし、後者の回答はどっちか聞いてるのに
「え?何で?(WHY)」の返答です。

 

会話構成的に不自然な返事を返してきています。
なぜ、こういってしまうのでしょうか?

 

 「人は心のありようで相手の質問を曲げて捉える性質があるからです」

 

「疑心暗鬼」なんてことわざもあるくらいです。
笑顔で相手の目を見ながら良いことあったかどうかの
質問をした内容が浮気をしていないとかやましいこと
がない場合普通に捉えて答えます。

 

 浮気をしてた場合「ねぇ、昨日何か良い事あった?」
の質問が心のフィルターを通ったら

 

「ねぇ、昨日別の女と居て楽しかったでしょ?わかってるのよ」
と涼しく脅迫されてる感覚に陥ります、だから
「え、何で?(そのことバレてるの・・・・・)」
と言う返答が帰って気安いのです。

 

自分が尋問して「え、何で?」ときたら追い込みを
かければ相手から自白させれます。

 

「え、何でじゃないよ。わかってるんだから
自分の口からいった方が良くない?」

 

と追い討ちをかけると、「ごめん、実は~」
と自白するケースが大半でです。

 

もし自分がその立場だったらゾッとしませんか?
仮にそこまで追い込んではずしてたとしても
「なーんつってねぇ、ちょっと驚いた?」と
茶化してしまえばいいわけです

 

余談ですが、コレ知ってる僕もこの尋問、
無意識にハマってしまいます
マジあぶねー心理学・・・・・。

 

それでは、これからご紹介していきますが、
先ほどのような流れはありませんが、仕草で
心を読んで相手に質問できれば・・・・・
ご利用は計画的にお願いします(笑)

 

ブラック心理学【画像付き】

 

images
よく鼻を触る人は、『ウソをついている』

(以下引用)

嘘をついているサイン。
情緒不安定なときに出るしぐさです。

 

 

rerere
飲み物を飲む時に小指を立てる人は、『注目されることが好き』

(以下引用)

→ 人から注目されることが好き
→ 女性的な部分が強い

 

男の視点によって創られた女らしさの演出
の形といわれるため、男性がやったら内面
が女性的、女性がやったらより女性的だとか。

 

 

images (1)
飲み物のカップを両手で持つ人は、『頑固者』

(以下引用)

このポーズには「自分の領域に立ち入らないで」 という隠れたメッセージがあり、 無理に打ち解けようとしない方が得策です。 時間をかけて自然と親しくなりましょう。

 

 

images (2)
女性の首を傾げるしぐさは、『脈ありサイン』

(以下引用)

彼氏が、「これから何しよっか」と訊ねて、
彼女が「どうしたい?」と小首を傾げながら
聞き返す場面などがよくあるケースです。

 

この時の女性心理は、信頼感や甘えがあり、
相手に何かを求めたりおねだりしている様子が伺えます。
男性からの 誘いに乗ってあげてもいいかな
という気持ちが小首をかしげるしぐさに表れているのです。

 

 

mpmp
女性が相手を見つめる場合は、『相手に好意を持っている』

(以下引用)

女性が相手を見つめる場合、嘘をついている
とばかりではなく、『OKサイン』のことの方が多い。
これを『アイコンタクト』つまり心理学的に

『視線交錯行動』と呼び好意からあなたを 見つめることですね。普通はこのように、 好きな相手には視線交錯行動が多く見られ、 嫌いな相手にはこの行動は控えられるし目をそらす。

 

 

images (3)
髪を指に巻きつける人は、『自己中心的で甘えん坊』

(以下引用)

女性の中には、よく指を巻きつけたり、 なでたりする人がいます。

 

こういう人は 自己中心的で甘えん坊タイプと言われています。

 

 

images (4)
髪を引っ張る人は、『もっと頑張ろうと思っている』

(以下引用)

髪の毛を引っ張るのは自分に対する攻撃行動で、
その深層心理は、自分や自分の行動を肯定的
にとらえることができず、「もっと頑張らなくちゃ」
と自身に罰を与えていると考えられます。

 

 

images (5)
舌を出す人は、『好意の表れ』

(以下引用)

好意の表れです。 ただし、明らかに敵対している相手や 同性相手の場合は、 「私は、あなたに弱い部分を見せても、 ど~ってことないのよ!!」 という ”余裕・挑発” の意味があります。

 

 

nonon
頬を撫でている人は、『緊張を解きほぐしている』

(以下引用)

緊張を解きほぐしたい時。早く落ち着きたい心理が
働くと、このしぐさが出やすいようです。
他に頭をなでたりするのも同じような心理状態。

 

 

images (6)
口に運ぶ食べ物を確認する人は、『ストーカーになりやすい』

(以下引用)

「口に運ぶ食べ物を確認する」人は、 ストーカーになりやすいという説も。 口に入れ、自分と一体化する物を最後 まで観察する執着は、他人を自分のもの だと認識してしまうタイプが多いという。

 

 

images (7)
よく目線を合わせる人は、『落ち着かない寂しがり屋』

(以下引用)

目線を合わそうとする人は、誰かと一緒にいたい
「親和欲求」が強いタイプとされる。恋人同士でもない限り、
通常の会話では相手の目や顔に目線をおくる時間は、

全時間の30~60%程度。長時間目線を合わせている人は、 自分の周りに人がいないと落ち着かない寂しがり屋といえそうだ。

 

 

images (8)
「要するに」が口癖の人は、『仕切り屋タイプ』

(以下引用)

「つまり」「ようするに」この言葉が口癖の人は、
物事をまとめるのが好きな仕切り屋タイプだが、
ともすると自分の言いたい結論に強引に結びつける
自己中心的な面がある。
出典:『しぐさでわかるビジネス心理学』

 

 

images (9)
携帯を手放さない人は、『人間関係に怯えている』

(以下引用)

相手と普段から信頼し合っている関係なら、
連絡がなくても人間関係は揺るがないし、
寂しい気もしないはず。

 

だから、携帯電話を使う頻度が高い人には 人間関係に不安を抱えている、もしくは 苦手意識のある人が多い。

 

 

images (10)
話をしながら携帯を見ている人は、『飽きた…と思っている』

(以下引用)

話を聞きながら、
・飲み物のストローを常にいじっている
・携帯電話を見ている
・アチコチ見ている
という行動をした場合、
「そろそろ飽きた・・・」というサインの1つ。

 

 

images (11)
腕組みしている人は、『話を聞き入れていない』

(以下引用)

もし相手が腕組みをしたり、 背中をイスにつけて反りながら聞いている場合、 ・話を聞き入れていない ・敵対視 ・警戒している ことがほとんどです。

 

 

bobbo
背中を丸めて腕組みしている人は、『不安を感じている』

(以下引用)

自分の体を抱きしめるように背中を丸めて
深く腕組みしている際は、不安や緊張、
悲しみを感じ、それを耐えていることを表します。

 

相手がこの姿勢をとったら、笑顔を見せたり、
手を開くなどのしぐさをして相手を受け入れて
いることを示しましょう。

 

 

images (12)
手元にある物を弄んでいる人は、『現状に不満を感じている』

(以下引用)

人と話をしながら、手元にあるペンや紙など、
目の前にある物を弄ぶ人というのは、現状に
不満を感じていたり、批判的な考えを
持っていることが多いようです。

 

今の状況に退屈やイライラを感じていることから、 指先を動かすことで不満を抑えようとする。 貧乏揺すりをしている時と同じ心理だと言えるでしょう。

 

 

zozo
鼻の下を人差し指で触る人は、『感情表現が苦手』

(以下引用)

話をしながら人差し指で鼻の下をさわる人 感情表現が苦手で、心の内を知られるのが 嫌だというこのタイプ

 

 

cococ
机を小刻みに指で叩く人は、『話を切り上げたいと思っている』

(以下引用)

小刻みにテーブルを指で叩くのは早く話を
切り上げてほしいという合図。妨害の意志が
無意識に手の動きに出てしまう。

 

 

fee
ポケットに手をいれる人は、『自分は優れていると思っている』

(以下引用)

自分は優れていると思っているか、
そう思わせたいタイプ。どちらにしろ、
おだてや褒められることに弱いタイプです。

 

 

eoeo
背筋が伸びている男は、『前向き』

(以下引用)

人生を前向きに考え、チャレンジ精神の旺盛な人は、
肩も自然と後ろへ引かれ、背筋もピンと伸びている
ものです。ピンと張り詰めた背筋は、

 

いまにも獲物に向かって飛かかっていこうとする
戦闘態勢のあらわれです。こういう男は、女性との
恋愛でも戦闘モードで臨むため、女性を獲物のように考え、
猛烈なアタック精神で挑み、一度や二度の挫折
でくじけることはありません。

 

 

dodod
縮こまっている人は、『自分に自信がない』

(以下引用)

自分に自信のない人や、プライド意識の低い人は、 なぜかいつも下を向いて人と視線を合わさないよう 姿勢で歩いています。

 

 

fefe

 

相手と同じ行動する人は、『相手に好意を持っている』

(以下引用)

相手に好意を持っています。相手の動きと同調することによって、 同じ体験をしたい心理があります。

 

 

hhy

 

あごをさする人は、『自分の立場が上だと思っている』

(以下引用)

あごを触ったりあごを突き出すのは高慢な態度、 自分の立場が上だと思っている人男性上司などに多い態度、癖です。

 

 

fee

 

左右対称の姿勢の人は、『相手にきちんと見られたがっている』

(以下引用)

緊張していること、相手にきちんと見られようとしていることを表します。

 

最後まで読んで頂きありがとう御座いました。
似ている記事はコチラ⇒⇒ 誰も知らないSiriの恐い話動画