Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

images
今年1月放送されたNHK特番が好評だった為
放送日7月27日再放送(第二弾)が決定!
さらに映画劇場版8月公開予定でイカブーム

になりそうな予感!国立科学博物館の混雑状況
チケット!グッツ!?動画も含めてお届けします。


スポンサードリンク

ダイオウイカの生体にせまる!動画などもご紹介!

名称:ダイオウイカ

属名:「イカ」その中でも最高位にあたる
中国語では 巨烏賊(チューウーツェイ)と呼ぶ。
ただし、科名は 大王烏賊科。

体のサイズ:外套長1.8m(体の胴回り部分)
触腕6.5m
直径30cmの巨大な目
最大のもので体長20m
【世界最大級の無脊椎動物】

生息場所:北アメリカ・ヨーロッパ付近の大西洋、
ハワイ島付近、日本では小笠原諸島
※深海に生息する実際に動いている姿を捉えた映像は
少ない。

koerere

 

今年1月にNHKが撮影に成功し、メディアでも注目された
ようですが、この話題を私は知りませんでした^^;

 

今月7月27日(土)の放送日には第二回目となり
前回は撮影に成功したものの、完全に生体が解明されて
おらず、今回はその生体の謎にせまっていく様ですね。

⇒特別番組といえば24時間テレビドラマの感動作品は一度はみておきたい!

 

ダイオウイカの生体研究の第一人者で世界的権威のある
”水産学博士”の窪寺博士の調査協力の元1月に”2度目の
対面”のダイオウイカでしたが、10年以上研究を続けて
いる中で2回目のためあっけに取られていた様です。

 

(以下引用)

 

窪寺恒己
1951年東京生まれ。北海道大学大学院修了。水産学博士。2004年、
小笠原沖でダイオウイカの姿を世界で初めて撮影に成功。2012年に
はNHKなどと共同でダイオウイカの生体映像の撮影に成功し、世界中の
注目を集めている。現在、国立科学博物館 標本資料センターコレクション
ディレクター、分子生物多様性研究し両センター長として在籍。
krer

最初にこの窪寺博士達が、”ダイオウイカ”を撮影しその世界的
に注目度の高まる話題にNHKが出資して映像におさめようと
盛り上がった様ですね。

 

いまでは国立科学博物館に専門ブースまでつくるように
なっており今年の夏以降『ダイオウイカブーム』がきそうな
予感がしております!

 

そんな権威ある研究者の動向の元NKHが頑張りました!
出てきた瞬間は突然のことすぎて『あっ出ちゃった』
というのがみなさんの感想だったようですね。

 

無理もないですね10年以上もの間追いかけてきていて
生でみることが窪寺博士で2回目、その他の取材陣は初めて
の生命体だったので撮影できていても”観察”はしっかり
できなかったのでしょうね。


スポンサードリンク

そんな突然の発見に驚きその出来事だけがクローズアップ
されてしまった前回の放送から半年が経過してもなお大きな
反響をよんでいるようです。

 

1月の放送後からこんな質問疑問がでてきているようです。

 

  • なぜあのような体色をしているのか?

 

  • どうして東京・小笠原諸島付近で発見できたのか?
    生息地は北アメリカやヨーロッパではないのか?

 

などとテレビ局にも問い合わせがはいった様に
ご紹介されていました。

by NHKスペシャルの深海プロジェクト統括する岩崎弘倫

 

とゆうのもダイオウイカの体の色が普通のイカとは
全く違う体の色をしていて『黄金色』に輝いていた
らしいのです。
そういった質問に対して今回再度2度目の放送では
謎に包まれた部分の解明に繋がっていくのかと思うと
ワクワクしてきますね。

 

是非7月27日(土)はチェック!していみてくださいね^^

 

【動画】⇒NHKスペシャル1月『深海カメラマン』密着動画!必見です。

images (2)

 

これほどまでに盛り上がっているので先ほどもご紹介
した通り、”国立科学博物館”では特設会場が用意されて
います。

 

ダイオウイカ国立科学博物館大混雑!?

images (1)

 

名称:「深海ー挑戦の歩みと驚異の生き物たちー」
〜 The deep 〜

開催場所:国立科学博物館(東京・上野公園)

開館時間:午前9時〜午後5時まで
※金曜日は午後8時まで
※入館は各閉館時刻の30分前まで

夏休み特別開館延長
8月10日(土)〜18日(日)は
午前9時〜午後6時まで
※8月16日(金)は午後8時まで

休館日: 7/8 7/16 9/2 9/9
9/17 9/24 9/30
チケット:一般・大学生:1,500円
小・中・高校生:600円
※上記は前売り券も御座います。
⇒⇒チケット購入サイトはこちら
金曜限定(ペア得ナイト券):2,000円
※午後5時〜8時/最終入場は午後7時30分
※会場の当日販売のみ

国立科学博物館は地下3階〜地上3階までのフロアで
多くの生命体の化石や標本資料から宇宙ロケット船体部分
模型や宇宙隕石の見本まで世界の科学に関するものが
集まっている。

 

いわば科学者を目指す少年少女には好奇心がかき立て
られるようなパラダイスの場所でありますが、その紹介を
以下でしていますで参考にしてみてください。

 

(以下引用)

 

国立科学博物館は「自然史に関する科学その他の自然科学及びその応用に関する調査及び研究並びにこれらに関する資料の収集、保管(育成を含む)及び公衆への供覧等を行うことにより、自然科学及び社会教育の振興を図る」ことを目的とした博物館である

 

その魅力的な博物館にこの度深海のアイドル??
『ダイオウイカ』さんが展示されることになりその影響から
『深海』にかんしての特別ブースが1階で始まっております。

 

テーマは『深海は、地球で一番大きな博物館』と題して
多くの深海に生きる生物の標本なども展示されています。
もう少し詳しい紹介が以下にあります。

 

(以下引用)

 

深海は、宇宙とともに「人類に残されたフロンティア」といわれています。
宇宙よりもはるかに身近なところに広がりながら、未だ多くの謎を残す深海。

そこには、過酷な環境に適応し、進化を遂げてきた多種多様な生き物たちが、数多く生息しています。人類の飽くなき挑戦により、徐々に明らかに
なりつつある深海の世界。

さあ、驚異の生き物達が集う神秘に満ちた世界を体感してみましょう!

 

その展示会にいかれた方々がかなりの混雑状況を教えて
くださっていましたのでそちらもご紹介しますね。

 

(以下引用)

 

いやあ、すごい人でしたね(^◇^)
入場規制はかかっていなかったものの、一歩手前くらいだった気はします。
客層は老若男女問わず。
外国の方も関西から来た団体さんらしき人もいましたね。
興味の対象は調査船なのかイカなのか他の生き物なのか皆様々でしょうが、やはり海はロマンがあると思います。

そして混雑な中ですが、いってきて良かったです。
これだけ生物標本が並びまくりな展覧会も珍しいんじゃないかな。
海の生き物が好きな人はいくべきだと思いますよ♪

sinnkai

 

こちらの方は展示会がオープンして間もない頃にみに
いかれていましたが、その時期でこの状況ということ
は、8月の夏休みまっただ中にいかれれば間違いなく
入場規制で整理券など順番待ちになりそうな予感がしますね^^;

 

そんな人気の展示会ではどんなものがあったのでしょうか!?
以下でご紹介していきます。

 

0cf51314-s

【グッツ】こちらのみ紹介!
お土産にいかがでしょうか(笑)
こちらは20万円する”ダイオウイカ”のぬいぐるみだそうです。
これを買われるかたは相当なダイオウイカファンであることは
まちがいないでしょうね^^
しかし、置き場に困りそうな商品ですね〜
まだまだグッツはあります。

 

その他には、図録&トートバック。
イカのiPhoneケースやイカのシール、メモ、ノートなどの
文房具系などなど。
しんかい6500関連のグッズもあります。

あとは巨大なスルメイカもあるそうですよ(笑)
そして展示ブースに入ってみますと⇩ ⇩

 

3b36aea0-s

そして、こちらは1月に深海にもぐってダイオウイカ撮影に
成功した『しんかい6500実物大模型』だそうですが、
動画をご覧頂けたらわかりますが、中は綺麗になっており
長期滞在可能なほどの設備でしたね。
ですので科学の進歩が垣間みれるのではないでしょうか!?

 

858ef2e6-s

そして出ました!ダイオウイカの標本というよりは
オブジェともいえるでしょうか^^;

 

なんともデカい!!こんな生物がまだ生きている
と考えたら深海の謎は奥が深いですよね〜

 

bd393baf-s

 

さらにマニアにはたまらないらしいのですが、こちらが
その他の深海生物の標本らしいです。

 

私は正直魅力がわかりませんが、きっと生き物が好きな
方々は「コレはすごい!!」なんて大興奮のもの達なんでしょうね^^

 

最後に『ダイオウイカ』の映画劇場版も公開!?

images (3)

 

こちらの詳細はまだ日時のみしか分かっていませんが、
8月17日から全国の映画館で公開されるとのことらしいですが、
いったいどんな”イカ”さんの内容になるのでしょうか!?

 

(以下イカ引用)

 

世界で初めて深海にすむダイオウイカの撮影に成功し、今年1月にテレビ放送されて大きな話題を呼んだ科学ドキュメンタリー「NHK スペシャル 世界初撮影!深海の超巨大イカ」が映画化。

「劇場版 NHK スペシャル 世界初撮影!深海の超巨大イカ」として、8月17日から東京・テアトル新宿ほかにて順次公開されることが決定!

劇場版は、新たに制作されたオリジナル映像(8分程度を予定)を加え、テレビでは放送されなかったダイオウイカ撮影の舞台裏を明らかにする。

 

これはもうダイオウイカファンならみるしかないでしょ!
今回筆者もここまでダイオウイカについて調べてみていると
(具体的なことまでは理解しておりませんが^^;)
なんだか明日7月27日のNHK特番はもちろんですが、
映画が公開されたら見に行くかもしれません^^

 

なんだかんだで気になってきます(笑)
どんな映画になるんでしょうか^^

images

 

まとめ

ダイオウイカの深海での謎に迫る番組が好評で1月放送から
半年経って再度2度目の放送を予定しております。

さらに国立科学博物館での特別ブースでイベントを実施する
などこの夏はダイオウイカ特集で深海に詳しくなりそうな
予感がします!またイカブームも起きるのでは!?なんて
思っておりますが、小学生のみなさんは朗報かもしれません!

 

とゆうのも夏の自由研究の題材は悩まなくても
”ダイオウイカ”で『確定!』ですからね^^

 

最後までよんで頂きましてありがとう御座いました。
夏休みの自由研究が終わったら家族でバーベキューはどうですか!?
⇒『都心でバーベキュー』が楽しめる特集記事はコチラ