Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

foute
ドラマ『ダンダリン』が10月2日公開スタート
ですが、この原作からネタバレ&あらすじ紹介!

全1巻ですけど・・・ドラマ10話分どうするの?
また、広島が舞台なのに東京に変更している!?


スポンサードリンク

ドラマ”ダンダリン”のネタバレ&あらすじ紹介!

名称:ドラマ『ダンダリン・労働基準監督官』

放送日:2013年10月2日(水)

放送時間:22:00〜23:00
※初回放送10分拡大23:10まで

キャスト相関図:

kyasuto

⇒キムタクドラマはハズレみたい!?大島優子大丈夫?

 

原作のタイトルは『ダンダリンー○ー』になって
いますが、この作品全1巻って少なくない!?

 

正直な感想はまずそこになりました。
この点については最後にご紹介しておくとして
どんな内容なのかについてまとめてみようと
思います!

 

ドラマのテーマとして労働監督官ですから
職場の従業員を守る役割のお役人さん。

 

「働く人を守るために、働く人がいる」

 

この表現はとてもしっくりきたのですが、
なかなか厳しい職場の様でやはり駆け込む
お客様(この場合、会社に勤める労働者)
は鬼気迫っている方が多い為、受け答えも大変。

 

『お役人だから、、』だったり『人ごとでしょ』
みたいな感じで相談にきた人からは思われて
それを解決に向けて動いていても相手からは
煙たがれる(社長様は労働監督署嫌いでしょww)

 

そんな職場環境を今回のドラマがどのように
表現してくれるのかはとても楽しみです。

 

 ⇒長瀬智也主演ドラマ『クロコーチ』では◯◯役に挑戦!?

 

ファンの方も楽しみにしてるみたいだし^^⇩

 

 

あらすじ&「原作」を読んだネタバレ感想ご紹介!!

korere 講談社〔モーニング〕で連載され、コミックスは全1巻。
労働基準監督官を舞台とした漫画が原作である。
労働基準監督官になり6年目の竹内結子演じる
段田 凛(ダンダリン)が、労働者のために全力で
経営者と戦う物語である。

 

(以下引用)

 

働く人を守るルールを守るためには曲がらない、融通の利かない女、労働監督官の段田凛(だんだ・りん)(竹内結子)が、すべての働く人を守る為に立ち上がる!

「ブラック企業」「名ばかり管理職」など、最近話題の「お仕事問題」を取り上げ、ちょっと役に立つ労働まめ知識も満載の、お仕事エンターテイメント。
(オフィシャルサイトより引用)

 

 

このような内容でスタートしていくドラマの ようですが、
原作読んでみるとどうも内容が いいのか!?中身無いのか?
としっくりこない 感じなんですよね〜〜

 

【ネタバレ】原作からの感想含む

kore   作者は『カバチタレ』でおなじみのとんたにたかしさん。
漫画では舞台は広島なので、ほぼ広島弁です。
どうやらドラマでは、東京が舞台のようですが…
(竹内結子の広島弁みたかったな^^)

 

漫画を読む限り、主役の竹内結子演じる段田凛が
すでに労働基準監督官になって6年目のということもあり、
ドラマでよくありがちな新人ドタバタ劇ではなさそうだ。

 

 

スポンサードリンク
 

労働Gメンとして、労働事件の警察役として奮闘するが、
本物の警察でもなく、権力や決まりごとに翻弄される凛。

 

初め、「ダンダリン」と聞いたときは、
労働基準監督所で使われる専門用語的なことかと思ったら、
まさかの主人公のフルネームw

 

そして、漫画を読んだ感想としては………

 

段田凛に感情移入できる要素がない

 

移入できなくてもいいんだけど、
愛されキャラでも完全に憎まれ役でもなく…

 

というより、どの漫画にもある「このキャラ、いいわぁ」
といったタイプの人が登場しない!!

 

漫画では各ストーリー、1話完結のため、
ドラマでは毎回敵(この場合、経営者のことになります;)が、
スペシャルゲストのように毎回かわるのではないでしょうか?

 

そのため、主要登場人物の人数が少ない…

 

松阪桃李演じる南三条和也は、凛の指導係を
演じるようだ(ドラマオリジナル)

 

まさかの土手山課長が北村一輝!
この感情移入できないキャラの中でも唯一好きな上司。
どんな風に演じてくれるのか楽しみですね♪

 

竹内結子は、『ストロベリーナイト』でも
捜査一課長を演じるなど、最近では女キャリアや
上司のイメージが強いですね。

koe

 

ランチの女王の時には元ヤンの気が強い役
でしたが、あの役、好きだったなぁ。
気が強い役が多い気が…

 

時間がたつにつれ、どんどん綺麗になられていて、
とても素敵な女優さんです。

 

ドラマ『ダンダリン』は、すべての働く人へ
のドラマですが、逆に経営者の方はこれをみて、
法律の勉強をして役立てましょう。

 

水曜夜10時はダンダリン!!

 

まとめ

最終回の”ネタバレ”しちゃいますと、最後に
段田凛は会社を無断欠勤して終わりになりますΣ(Д゚;/)/…エエ!?

 

理由としては、「真面目なだけに思い詰めて
しまい行き場を失い・・・」正義感の強い人ほど
この職場ではたえられないのかもしれません。

 

原作では最後にこんな煮え切らない感じの
内容で終わっています。

 

(以下引用)

 

IOL(国際労働機関)は労働者1万人あたり
1人の監督官が必要だとしている。

しかし、日本には必要とされる目安の
半数しか監督官がいない

労働基準監督官の人手不足は慢性的であり
その制度が発足して以来、事態は深刻化
する一方である。

 

正直何じゃこりゃ!?って感じでした(笑
これを全1巻で308ページのストーリー
なので”おもしろい!?”と言っては行けない
状態なのですが、、、、

 

ドラマを見てからあなたの感想も聞かせてもらえたら
嬉しいです!
何はともあれ竹内結子さんには期待してみましょうね^^;

 

⇒ドラマ「ダンダリン」松坂桃李が(   )キ…(  *゚)キタ!( *゚∀)キタ!!(*゚∀゚*)キタ━━!!!
コチラより)

 

最後まで読んで頂きまして有り難う御座いました。