Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

ouefe
ドラマ半沢直樹に登場する近藤直弼(なおすけ)
その後がきになる!!また、裏切りはあるの?
そもそもあの!?滝藤賢一??

いや銀行に逆襲だ!?本当の黒幕とは!なぜ
出向なのか。今後の展開も含めてご紹介します!


スポンサードリンク

ドラマ半沢直樹の近藤のその後と今までの経緯をご紹介!

役名:近藤 直弼(こんどう なおや)

役者:滝藤 賢一(たきとう けんいち)

入社:東京中央銀行大阪本店

⇩  ドラマでは  ⇩

勤務地:東京秋葉原支店

⇩  出向  ⇩

現在:タミヤ電気(経理担当)東京都内

特徴:ドラマでは秋葉原支店時代(原作では
大阪本店時代)のパワハラによりうつ病になる。

images (1)

第一話でのシーンですが、近藤一家は大阪
勤務時代に神戸にマイホームを購入してい
ましたが、勤務地が移動となり単身赴任では
なく家族みんなで引っ越しを選択して半沢直樹
に見送られるのですが、、、、、(その後につづく)

 ⇒ちなみに同僚の”渡真利(とまり)特集記事もあり!
(詳しくはコチラをクリック!)

 

近藤直弼(なおすけ)は半沢直樹と前回記事にて
ご紹介した渡真利と3人同期入社で東京中央銀行
にエリートとして入社しています。

 

その頃は、勤務地はどこでもいいから安定したい
気持ちでエリートらしく一生懸命働き優秀な成果
を出していたのですが、会社の統合⇒転勤⇒パワハラ
と自分ではどうしようもできない外部からの圧力
にやられてしまし精神的に落ち込んでしまいます。

 

結果、『統合失調症』という病気になります。

 

ここで多くの半沢直樹をみている視聴者、いやココでは
ファンと言いましょう^^ ファンの皆さんが気にして
こんな書き込みが増えています。

 

(以下引用)

fere
//友人の近藤は、なぜ出向 左遷?されたのですか?

精神的な病は治った と言っていたような気がしましたが・・//

⇩  回答  ⇩

fefe
//近藤が口にしたこのひと言で集約されていると思います。
『銀行ってのは、二度と挽回のチャンスはくれない所なんだよ。』

一度何かしらのミスを犯せば、それで終わりみたいですね。病気になったという事がダメみたいで、治癒したかどうかなんて関係無いようです。//

 

この言葉で回答をくれていた方の説明がとても
理解しやすかったのですが、ご存知の通り近藤
は、仕事のストレスから精神的に落ち込んでしまい
病気になっています。

 

その事が理由で銀行から必要ないと思われたのか、
ある意味「左遷」をさせられてしまうのですが、
銀行には2種類の移動があるらしいです。

 

  • 戻る事が前提の「栄転(えいてん)」
  • 片道切符の『左遷』

 

そして、『左遷』されてしまったその後はどうなる?
それは銀行に在籍してた名前を消されて退職扱いに
なり、出向先社員になる。といったもの(*゚Д゚*)ェ…

 

こんな厳しい現実を突きつけられても近藤の元々あった
就職当初のおもいである『安定した職場』を求めて
現在在職している「タミヤ電気」で一生懸命働いて
います。

 

この精神は見習わなければ行けないなと同じサラリーマン
として感じます^^

 

ここまでの内容はドラマでも紹介されていたり
いろんなサイトでもご紹介ある通りですが、ここ
からの「近藤のその後と裏切りは?」について
ネタバレ注意!でご紹介していきます!!

 

ちょっとその前に・・・

 

ドラマでは近藤直弼役演じる「滝藤 賢一」
さんですが、この方は本当にこういった弱弱しい
役柄やちょっと変わった役がよく似合う!役者さん
ですよね^^

 

⇒私の大好きなこの映画でも大活躍されています!
(詳しくはコチラの動画をご確認ください^^)
images (6)

 

お口直しには最適の動画ではないでしょうか(笑)

 

それでは本題に入ります。

 

半沢直樹ドラマの近藤は”裏切り?”それとも”逆襲!”

images (4)

 

半沢直樹と近藤直弼は同期入社で二人ともエリート
そして、仲の良い友人なのですが二人の関係に隙間
が空いてしまう出来事が『左遷』だったのです。

 

左遷後も仲の良い友人なのですが、近藤直弼の心の
なかにはどこか半沢直樹と自分との違いを疎ましく
おもう気持ちが湧いていました。

 

理由はわかるかと思いますが、この二人には出世の
コースに乗っている半沢と出世から見放されてた近藤
と両極端に別れてしまったからです。


スポンサードリンク

そんな気持ちのままでいたためか半沢直樹からの
食事の誘いも距離がおかれるようになっていきます。

 

気持ち分からなくもないですが、同期入社で比べて
しまうとどうしても負けている?と感じる側はやり難い
ですよね^^;

 

しかし、近藤は冒頭でもご紹介した通り移転先の
「タミヤ電気」で出向員ではなく戻れないことが
分かっているので安定したタミヤ電機の社員に
なろうと一生懸命経理の仕事に励みます!

 

その努力とは裏腹に「タミヤ電機」に出向してきた
銀行社員はこれまでことごとく退社しています。

 

それは「タミヤ電機」二台目社長の出向社員に対して
冷たい対応!?もしくは距離を置いた関わり方をする
ため 会社のために頑張っても報われないと感じて退社
していくようですね。

 

それでも頑張る近藤なのでしたが、案の定 社長の田宮
からは経理に関する資料はもちろんですが、担当として
の仕事の一部である経営計画も相談してもらえず距離
を置かれてしまうのです。

 

そんな状況にも関わらず田宮社長は銀行融資だけは
出向員の近藤にたより「お願いしますよ」とだけ。

 

経営状況もわからないのに融資できないのは元銀行
員の近藤でしたので、ここから近藤が動き出しまが、
このことが後にこの『田宮電機事件』でのキーマン
になる動きになっていきます。

kouee

 

 

ネタバレ!裏切りと逆襲の意味は!?

images (2)

この『田宮電機事件』とは簡単に内容をお伝え
しますと、半沢直樹が「伊勢島ホテル事件」
で翻弄しているころに同時進行で起きた事なので
理解するにはドラマでは難しいかも知れないですが、
ここである程度お伝えしたいと思います。

 

田宮電気は二台目社長になってから独裁経営が
続き社員とも距離があり二台目ということもあって
どこか経営を楽観的にみている社長でした。

 

その影響なのか、あまり経営はじつはうまくいって
いなくて銀行融資に頼っていました。近藤が出向
してきても融資してもらうのに利用するだけ。

 

また、実は裏では東京中央銀行の大和田常務と
繋がっていたんです!!

 

この話題についてはかなり長くなってしまいますので
こちら完全版にまとめていますので事件の内容を
ご確認してみてください^^

 

⇒ドラマ『半沢直樹』第二部から最終回を予想!まとめ
(詳しくはコチラをクリック!)

 

このリンク記事を見て頂くとおわかりですが、
半沢直樹ドラマはスピンオフ企画が組めそうな
ほど内容の濃い事件になっています。

 

ある意味『近藤 VS 田宮&大和田常務』
の構想が成り立つのですが、これがタイトルに
している逆襲!になっています。

 

しかし、、、、本来この内容を半沢直樹にも
相談しており協力して最後の的に迫りますが
その中で裏切りも・・・

 

本当の黒幕は誰!?

images

 

『田宮事件』での”近藤 VS 田宮&大和田常務”
の対決にはその他にも関わってくる人物がでてきます。

 

じつはこの事件、田宮電機に対して融資をしていた
担当行員だったのが大和田常務の部下で今もっとも
大和田の側近として活躍している”岸川”だった!!

 

この岸川が最終的に弁明でこのように述べています。

 

(以下引用)

 

私がこの報告書(半沢が調べて裏をとった内容)にも
あるように4年前、京橋支店におりまして、田宮電機
に3000万の融資を実行いたしました。しかしーー

 

大和田常務すいません!!

 

この融資は、大和田常務の奥さんの会社を救うための
転貸資金で、この報告書の内容にまちがいありません。
大和田常務の奥さんから田宮社長にお願いして転貸する
という話しがまとまり、それに応じて、私が融資したものです
images (5)

 

大和田常務を追い込む事に成功して見事半沢直樹
が勝利し、本当の黒幕も全て倒すのですが、近藤は
どこに関わっていたのでしょう?

 

近藤は当初、田宮社長から依頼を受けていた「田宮電機」
への融資を銀行に取り付けるべく独自で田宮電機の
経営状況を調べていました。

 

そこでとんでもない事実を発見してしまうのです。

 

それは昔借り入れ融資を受けていた3000万円が
どこかへ貸し出されていたのです。

 

これは別記事でも書きましたが”浮き貸し”と言われる
手法らしいのですが、そのお金を利用して借りた側は
利息や返済の口約束だけでお金を利用できるといわゆる
ようだったのです。

 

それでも大和田常務の奥様の会社は思うようにいかず
お金を田宮電機に返済できずにいました。それを
発見した近藤は半沢と協力してこの決定的な資料
を渡す一歩手前まで行くのですが・・・・

 

実はココで思わぬドラマがあるのです。そう
”裏切り”と言われる部分ですが、このギリギリの場面
で最終対決を前にして大和田常務は近藤と対面して
こんな厳しい言葉で相手の感情を揺らします。

 

(以下引用)大和田常務⇒近藤へ

 

私は、君を銀行本体に戻すこともできる。出向じゃなく
ね。どこがいい?本店、支店。融資部、審査部。いや
入行当時の君は、広報部を希望していたな。その方向
で調整出来るかもしれない。君の病気はもう治ったん
だろう?だったらどうだ、もう一度やってみないか。

君の歳での出向は少々早過ぎると思うんだが

 

もう一度、やってみないか。

feeer

 

コレに対して元々、近藤は心のどこかに半沢との
出世レールの違いが引っかかっておりこの話しに
乗ってしまうのです。。。。

 

この心の動きはドラマになるとどんな表現になる
のかが楽しみでしょうがないです^^

 

実際この近藤の気持ちはとても分かります。一人
身なら半沢直樹に協力して正義を貫くと思いますが
家族を抱えて将来不安な時にこの誘惑は致し方ない
のではと感じました。

 

まとめ

今回は近藤直弼にスポットを当ててみましたが
ドラマではでてくるか分からない部分までご紹介
出来たのではないかと思っています。

裏側にある気持ちの揺れなど考えるとドラマが
楽しみですが、ドラマ『半沢直樹』での後半戦
キーマンになるのは近藤で間違いないと言える
でしょうね!!!
最後まで読んで頂きまして有り難うございます!!

⇒雨でもこの週末を楽しむために!まだ見ていない方の
為に先取り情報はコチラ