Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

images (4)
TBSドラマ半沢直樹
第2話視聴率21・8%
第一話を超える人気を魅せている。その原作ネタバレ

あらすじ黒幕及川ミッチーロケ地神戸大阪
明石銀行ロケ地は?東田プール付き豪邸どこ!?


スポンサードリンク

ドラマ半沢直樹の原作ネタバレ!あらすじはどうなる!?

まずドラマ半沢直樹で好評だった第2話でのあらすじをご紹介して
その後の展開を続けてみようと思います。

(以下引用)

 

西大阪スチールへの融資で焦げ付いた5億円もの金額を、全額回収すべく奔走する半沢(堺雅人)だが、東田(宇梶剛士)が海外に所有する5千万円の別荘は差し押さえ寸前で国税局の黒崎(片岡愛之助)に横取りされる結果となってしまった。

そんな半沢を次に待ち受けていたのは、裁量臨店(さいりょうりんてん)と呼ばれる本部からの内部検査。しかしその検査は、融資事故の全責任を半沢に押し付けようとする浅野支店長(石丸幹二)が意図的に仕組んだもので、浅野の息のかかった人事部の小木曽(緋田康人)を中心としたメンバーで構成されていた。
images

一方、半沢と共に東田の居場所を探し続ける竹下(赤井英和)は、東田が隠れ家に使っていたマンションの所有者・小村武彦(逢坂じゅん)を探し当てるが、小村は東田について一切口を開こうとしない。

そんな中、半沢を支える妻の花(上戸彩)は、大阪へとやってきた浅野支店長の妻・利恵(中島ひろ子)を歓迎する食事会に参加したことをきっかけに、利恵と懇意になる。半沢は、妻の花にまで会社のことで気を使わせてしまっていることを詫びる。

裁量臨店は半沢たち融資課に不利な情報ばかりが噴出し、融資課一同は苦しい立場に追い込まれる。そして5億円の融資事故の情報をマスコミにリークすることと引き換えに東田の潜伏先を突き止めた半沢は、東田、未樹と一緒にいる男の姿に衝撃を受けるのだった。

 

 

とまあここまでが第2話でもりあがった『黒幕』の存在が
明らかになりましたが、そんなドラマをうけてファンの
コメントもでています。

 

(以下引用)知恵袋より

situmon

//黒幕が浅野支店長なのネタバレしましたが皆さん次回の楽しみが半減で詰まらないですか?//
kaitou1
//私は原作を知らないのですが
ここで浅野支店長と見る前は
ミッチーなんじゃないかと思ってました笑//

 

//違うと思うよ。一旦は、そうおもわせといて、実は、的なドラマいっぱいあるよ。//

kaitou2

//ドラマをより楽しむためにも、読んでない方はこのクール終了後にお読みになられることをお奨めします。 //

fkeoe

 

 

皆さんドラマ楽しんでいらっしゃることが
よくわかる内容になっていますね^^

 

上記のような質問の応酬があったので尚更気になって
実際にこのドラマの原作2作品のうちの後編『オレたち
花のバブル組』(池井戸潤)単行本を購入して読んでみた^^;

 

ちなみに1作目の『オレたちバブル入行組』についての
詳細は以前記事に書いていますのでご覧ください^^

babuu

 

ドラマでもいまのところ内容は原作にそっているようですが、
1作品目の内容に丁度いまふれていますので、これが続く
ようだとドラマ1クールで2作とも内容を入れ込むのは
厳しくなってくるのでココからの展開をどれだけうまく
まとめこむのか注目されるところですね。


スポンサードリンク

1作目では『国税局』に目を付けられる半沢直樹ですが、
2作目は『金融庁の検査官』が半沢直樹に目を付けるのです
が、半沢直樹どれだけトラブルに巻き込まれ易いのか不安
になってしまいます。

 

2作目のあらすじとしてまとめているのがあったので
ご紹介します。

(以下引用)Amazonレビュー

 

「伊勢島ホテル」の巨額投資損失事件と、近藤が出向先の「タミヤ電機」の浮き貸し事件や粉飾決算をめぐり、そこに金融庁検査、特に銀行いじめの悪名高い検査官が加わり、各担当部、関連部が非常に難しい対応を迫られる。しかも読者と等身大の日常の銀行内また取引先とのせめぎあいだ。

特に早々と外部出向となった近藤は、行員受け皿として銀行に恩を売り利用したい社長であり、よくありがちな出向・転籍劇であり、軋轢が生じ居心地は悪くなり、銀行に戻るケースが実際に多い中、近藤は不透明な財務経理の解明に社内で孤軍奮闘頑張る。半沢と金融庁黒崎、近藤とタミヤ電機社長、これらのバトルも読みどころです。

 

かんたんにいえば半沢直樹が出向員として『巨額損失をだして
いる一族経営の老舗ホテルの再建を押し付けられる。
しかもそこには会社内の敵もあったりして困難な状況になる。

 

加えて、金融庁とゆう『大ボス』が半沢直樹に攻撃を
加えてくるといったところでしょうか。

 

こうゆう話しってなかなか銀行の内部事情までしらないので
おもしろいですよね^^

 

しかも、銀行は上下関係や上司に気に入られることが出世と
関係してくる様なようは『官僚体質』らしいので現代の感覚
からみると「くだらない」と思えるところも現実的です。

 

2作目の結末とは!?

この作品で少し現実離れしているのが、
「半沢直樹」が関わる仕事が銀行経営自体を揺るがすところ
までいってします点です。

 

いくらなんでもそんな仕事を「押し付ける」カタチで
すすめるわけないよなとも思うのですが、いやそういう
ことの方が現実に起こり易くて社員独りになすり付け
たら終了。と考えるのかな何てひとりで思いにふけって
ました。

 

最終的には『巨額負債を抱えた”伊勢島ホテル”を巡り
金融庁と半沢が対峙する』展開になるが、融資に失敗
させたい金融庁は「伊勢島ホテル」の改善が見込まれない
と判断したくて「ホテル内にある隠蔽資料」を探しだす。

 

それを隠し通せるか!?なんて展開になりますが、
無事タッチの差で元々地下室のボイラー室なんて
あやしい場所にしまっていた資料を自分の奥さん
『花』の実家へもっていくとゆうとことでしのいで
その対決に勝利する。

 

こういった話しの流れと結末になります。

 

最後も奥さん「花さん」が協力してくるので
ドラマ的にも描き易いのではないでしょうか。

korerer

ロケ地は!?

oosaka

 

 

ロケ地に上がったのが関西で兵庫県明石市
第2話で登場するのですが、
『半沢が訪れた淡路鋼材』

korere

 

 

(以下引用)

半沢直樹 第2話のロケ地で分かったのは
梅田新歩道橋、通天閣本通商店街、浪速区恵美須西、
兵庫県明石市にある明石港旧灯台の4箇所。

計画倒産した西大阪スチールの煽りで連鎖倒産した
竹下金属社長は自分と同様に水増し請求された会社を調べていた。

その内の一社が淡路鋼材で、明石海峡大橋が望める
海岸沿いにあるという設定だ。
その傍にあるのが明石港旧灯台というわけ。
夜も更けて半沢が竹下に「腹、減りましたね。」と言った場面は
明石海峡大橋のイルミネーションが美しく印象に残った。

images (1)

 

以上が今回調べてみたドラマ「半沢直樹」のロケ地情報でした。

 

今後展開して行く中でロケ地情報がでてき次第アップして
行きたいとおもいます^^

 

まとめ

ドラマ半沢直樹の原作ネタバレ!あらすじ?黒幕及川?
⇒⇒「黒幕」についてはすでに本文でご紹介しましたが、
ミッチーはそれっぽく魅せるのが上手でしたね^^
小説での内容とドラマはたぶん変わってくるのでは
ないかと推測します。

なんせ2作品と長いため一つにまとめられないと
思いますので、、、

ロケ地情報!!
⇒⇒デートコースにいいのでしょうか!?行ったことは
ないのですが、夜景綺麗なばしょですよね。

8月3日追記:ドラマ『半沢直樹』第二部はすごいことになってます^^;コチラ 

最後まで読んで頂きまして有り難う御座いました。
⇒⇒有吉弘行の結婚相手を予想みました^^実際そろそろ結婚報道でそうでしょ!?