Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

images
2013年から2014年の年越しを
北海道で迎えてきました♪これから冬の北海道は、
イベントが盛りだくさん!
2月のさっぽろ雪祭りや流氷ツアー、旭山動物園♪
冬の北海道を愉しむために参考にしてください♪小樽、札幌篇。


スポンサードリンク

函館から小樽まで270キロ

images (9)

そんな北海道二日目。

素敵な宿だった望楼NOGUCHI函館を名残惜しみながら出発。
一日目に比べて、天気も良好。
とくになんの予定も入れず、レンタカーで
のんびり下道で、小樽までドライブすることに。

雪道での運転も二日目というだけあって、安定してきたしw
でも、出来る限り国道や大きい道を通るコース設定に。

正直、北海道に来るまで、雪道での運転が心配で心配で。。。

でも、地元の方がいうには公共交通機関より車の方がいいそうですよ!

雪になるとすぐ電車は止まっちゃうし。

迷っているなら、車の方が断然いい!
高速はすぐに50キロ規制かかるので、下道がおすすめ。
バスは時間が限られてますし。。。
本当、普通に走れましたよ♪

でも、もちろん凍ってるところは滑るので、ゆっくり走りましょう。
レンタカーがノロノロ走ってても、みんな追い抜いてくれますからw

函館から小樽への間、ニセコと通った道はほとんど信号はありません。
と、同時にコンビニもありませんw

images (1)
まさにこんな感じの道が延々続きましたが、、
海・山は本当にきれいでした!!

最終的にこのあと、札幌までいくのですが、
一度も給油せず、350キロ近く走行し、
最終日、ガソリンは三分の一強残っている状態でした。
(乗った車は日産ノート。めちゃくちゃ燃費イイ!)

nissan

運河の宿 ふる川

images (2)

二日目の宿は、運河の宿 ふる川。

小樽運河の目の前!

そもそも、なぜ年越しの31日に小樽に来たかったかというと、
大好きで大好きなサカナクションが2013年紅白初出場!

そんな彼らの姿を、ボーカル・山口氏の地元・小樽で
観たかったからというだけの理由w

ここの宿は、じゃらんなどでもかなりの人気らしく、人がいっぱい。

フロントが番台のようになっていて、
割烹着を着たホテルの方が、正座でお出迎え。
わたしも椅子に座ってチェックインのサインを。

images (3)images (10)

その際、ワインか甘酒かお茶をいたただけるそうで、
わたしは甘酒を、旦那はワインを♪

お部屋は、イメージ通りの昭和モダンといいますか、
こじんまりとして、とってもいい雰囲気。


スポンサードリンク

ここでの温泉は、朝と晩で男女のお風呂が入れ替わるということで、
まず、夜は2階の女湯へ。

2階は、内湯に大きなカマクラのような竃があって、
中は寝湯になってました。
これが、ホントすごくイイ!!
水の音が神秘的に響いて、すごくリラックスできます♪

露天風呂は、赤いランプがすごく素敵で、上から降る雪を
見上げながら入る温泉は、言葉に出来ないほど素敵でした。
私が入ったときは、ゆず湯でした♪

昨日の露天は、吹雪いて顔と耳が痛くて痛くて雪見どころではなかったのでw
ここで大満足。

1階は、2階とはまた違い、日本庭園に積もった雪を見ながらの雪見風呂。
露天の壁には、瓦が段々に埋め込まれていて、それを伝いながら落ちてくる
水の音が、すごく落ち着きます。

kotue

この宿では、夕食の予約がとれなかったので、外に食べに行くことに。

この時点でわりと雪も積もっていて、車を出すのが
面倒だったので、運河周辺を歩いて探すことに。

images (5)

31日ということもあって、お店は閉まっているところが
多かったようで。。。

宿から歩いてすぐの『出抜小路』にある《てんぷら石水》で
てん丼をいただきました♪

2013-12-31 18.36.55
店内はカウンターになっていて、隣のお客さんとも近いので、
偶然一緒になった地元の方と、お店の店主さんに小樽の話を
聞かせてもらうことが出来ました♪

その後、クリスマスツリーが残っていたのでパシャ!

小樽運河のライトアップを見ながら散歩してから宿に戻り、
サカナクションの紅白を見届けました!

⇒サカナクション紅白出場おめでとう!楽曲『ミュージック』動画コチラ

紅白の出場にあたって、どこかで
『道産子バンド』って呼ばれてましたけど、似合わなすぎてウケたw

ふる川さんは、チェックアウトがPM0:00だったので、
大変ゆっくり過ごせました。

朝は、元旦のイベントとして餅つきをみて、そのお餅を
きなこやあんこ、納豆でいただきました♪

fjdi

小樽の朝はゆっくり出来たので、目の前にいた人力車にも乗ってみました!
雪道で乗る人力車は、また違った感覚。
乗せてもらったとき3℃だったのですが、
車夫さん曰く『蒸し暑い』とかw

jfoeute

まぁ人力でひいてますからね(*ノωノ)キャー
人力車に乗ったことがある方でも絶対楽しめます。

小樽から札幌へ

小樽から札幌へは、30キロから40キロぐらい。
もちろん、下道で向かしました。

今年元旦の天候は、稀にみる大雪だったみたいで、
なんせ雪が降る降るw

おかげで道は走りやすいですけど、路肩に集められた雪で、
人影がみえない!
なので、信号などは人が急に渡ってこないか注意が必要です!

そのまま、北海道神宮に行ってみたのですが、吹雪の中、
車も人もごった返してる!!

ので、さっそく断念w
そのまま『すみれ』の本店へ。
店内は、芸能人の方のサインがびっしり。

札幌「すみれ」味噌ラーメン(1食入)

札幌「すみれ」味噌ラーメン(1食入)
価格:577円(税込、送料別)

味噌の臭みはすくなくてクセになる味!
濃厚なんだけどスープが最後まで飲みきれるくらいの
口当たりが滑らかだからついつい飲んでしまいたくなりました(笑

さすがにおいしかったぁ♪
元旦から満席で外までお客様が。。。
待つのなら、厚着して行きましょう。

そこからいったん、今夜の宿、『メルキュールホテル札幌』に。

o0400030710244465931
車は、裏側の立駐に停められます。
(再度、車を出すことも可能。ホテルのフロントへ言いましょう。)
ちなみに24時間1200円でした。

メルキュールは、世界中にあるらしく、
フロントの方みなさん、英語が話せます。
なので、外国人さんばっかりw

内装めちゃくちゃ可愛い♪
ピンクとブラウンを主に、壁紙も柄があって素敵♪

images (11)

フロントの方に教えていただいて、地下鉄で北海道神宮に行くことに。
すすきのから乗って、一度乗り換えて、円山公園駅で下車すぐ。

駐車場の大混雑を考えると、絶対地下鉄がおすすめ!

ここでも、分かったのは北海道の方が薄着の理由。。。
もちろん、慣れもあるでしょうけど。

私たちは吹雪の中の初詣にビビって、
帽子に、インナー3枚にセーター、マフラー、厚手のダウン、
手袋にカイロの完全防備w
でも、地下鉄を出てすぐに暑くなるという現実。

たくさんの人で踏みしめられた雪は、いったん解けてまた凍って、
びっくりするほど滑るのです!
なので、滑らないように歩くだけでも、暑い!w
そして、汗が冷えて寒い!の繰り返しw

なので、過度な着込みは避けましょうw

多分、北海道の方は滑らずに歩くのに慣れてて体幹が
できてるんしょう。
常に全身で歩くから、薄着でもokなんでは?と推測w

北海道神宮よかったですよ!
神秘的な神社。

次の日、札幌から千歳に向かったこの時が、この旅行の中で
もっとも天気が荒れた時でした。

視界が悪い中、そりゃもうおかまいなしに飛ばす北海道民w
でも、ここでも遅い車は勝手によけてくれるので心配無用( ,,>з<)ブッ`;:゙;`;:、

函館から東京に向かう飛行機は、
ギリギリまで搭乗制限がかかってました。
なんせ、北海道全域で天気が大荒れだったので。。。

でも、フライト直前に天気に恵まれ、無事帰宅することが
できましたとさ♪

まとめ

①運河の宿 ふる川では、チェックアウト後も車を駐車させておいて
くれるそうです♪
ゆっくり周りを観光したい方は、宿の方に言ってみてください♪

②服装で一番良かったことは、手袋とブーツ。
私は、昔履いてたRUBBER DACKのブーツで行きました。
とにかく雪が深いので、滑りにくいものより、せめてふくらはぎまである
ブーツがおすすめ。
ズボンの裾が濡れると、寒さも倍増しますよ!気をつけて・ω・` )

薄着の地元の人も、手袋はしてました。
手が暖かいと、全然違います♪

③とにかく、移動には時間にゆとりをもつこと。
これは、本当に必須項目です。
思ったより時間がかかったり、飛行機の運行状況など
雪国での旅行は、思いがけないことが多く発生しました。
予定をつめすぎず、のんびり愉しんでください♪

 

今度は、夏に行って気球に乗りたいなぁ。
夏の楽しみ方など情報集めてますのでよかったらご存知な方
コメント頂けたらうれしいです^^
あの広大な道をバギーで走るのも、楽しいかもですし(●´З`)ノ ♪