Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

kote
風邪やインフルエンザが流行するこの季節に
すでに行なっている対策が効果あるのか?

検証と合わせて効果的な予防法までご紹介
していきたいと思います!

 


スポンサードリンク

インフルエンザの予防法とその効果を検証

uoteu

 

インフルエンザの猛威がすでに噂されている2014年ですが、
今年も予防接種などで事前に対策をしている人も多いと思います。

そこで今回は”マスク着用”から”免疫力について”
いまやっていることが間違っていないかや、より
効果的な方法などもしすこしでもお役に立てればと
思い書き込んで見たいと思います。

まずは、インフルエンザについてご存知とおもいますので
ウイルスがどうやってからだに侵入してくるのかをおさらい
しておきますね。

 ⇒寒い時期に寒い場所(北海道)へいくご予定のあなたに送る記事はコチラ

インフルエンザウイルスの感染例とは?

uotei

インフルエンザウイルスにかかった人が1回くしゃみ
をするだけで、ウイルスの飛沫60万個以上が空気中に
放出されます。

その直後に乾燥した空気にのって10分の1程度まで
小さくなって近くにいる他の人の”鼻”や”のど”
から侵入していきます。

本来は、人間のからだにはウイルスなどの細菌を
追い出す働きのある『線毛』という毛のような組織
がありのどの奥で侵入を防いでいます。

oteite

この組織が寒い季節は感想などで動きが弱まってしまって
おりウイルスの侵入を許してしまっている様なのです。

では、ウイルスからどうやって体を守るのか!?

よく使われているのが『マスク』ですね。

 

インフルエンザ予防法その1⃣”マスク”について

こちらの商品はインフルエンザ対策商品としていま楽天でも
売れているのですが、マスクがいったいどれくらいの
効果があるのかを調べてみました。

コチラ論文から調べてみた結果を紹介しますが、

fke

マスクの着用者と非着用者ではこれだけの差が
生まれているそうです。

また、その着用方法でもある程度差が現れるようで
同じ様にマスクで予防しているつもりでも
効果がある人と全くない人もいるんですね。

以下の動画ではマスクの正しい付け方を
簡単に紹介されているのでよかったらごらんください。
(以下画像をクリックして頂けたら動画になります)

ffeere

この時期は毎日朝から夜までマスクをしている人も
少なくないと思います。

しかし、常にぴったり密着しておかないといけないか?
実はそんなことはないようで専門家によると、
ウイルスは空気中を漂っているわけではなく、患者や
人混みの近くにいるときに危険性が高まるみたいです。

ですので、普段は多少緩んでいても問題は無いのですが
ウイルスが発生していそうな場所では正しいマスクの付け方
に注意していく事をお勧めします。

 ⇒運動好きのママさんにおすすめ記事はコチラ

インフルエンザ対策その2⃣免疫力をつける!

uotei

インフルエンザの感染予防として、そもそもの免疫力を
高める事を普段からしていれば体内にウイルスが侵入して
きても撃退してくれます。

冒頭で紹介していますが、ウイルスの侵入を防いでくれる
場所に”線毛”という細胞がありましたが、第二の防御壁に
白血球の一種で”リンパ球”があります。

この”リンパ球”は侵入してきたウイルスや細菌の方に合わせた
抗体を体内で作って攻撃してくれます。リンパ球がウイルスを
撃退すると症状は治まるようですね。

ただし、最初に紹介した”線毛”も”リンパ球”も実は
弱点があり2つとも『乾燥と寒さ』に弱いのです。


スポンサードリンク

ですので外的から身を守る為の免疫力を高めるために
その力を最大限発揮できる様に普段から『乾燥と寒さ』
対策が重要となってきます。

その為に”適切な湿度”を保っていることが重要となって
きますが、加湿器の利用で室内の湿度が高過ぎても
カビの原因にもなりますので注意が必要。

よく”のどの渇きを感じる”事で「空気が乾燥している」
証拠と思いがちですが、実は口呼吸やドライマウスなど、
別の原因も考えられるので適度な湿度(40〜60%)を
保つことに心がけましょう。

寒さ対策においては、手袋やマフラーで首の保温を心がけて
喉にある”線毛”の動きをよりスムーズにしてあげてください。

但し、「冷えてきたかな・・・」と何気なくやっている
防寒対策は、少し注意も必要です。

というのも、寒さに気ずきにくくなっているうえ、手足が
ぽかぽかと暖かいのに体が冷えているケースもあるからです。

これは血管が硬くなって収縮できず、手足が放熱しているから。
血管の硬化は、脚、背中、胸・・・の順に始まるので、
意識して部分的に温めることも大切です。

 

ここまでご紹介してきたインフルエンザ対策ですが、
お子さんにだけ注意させていても家族の誰かがウイルスを
持って帰っていてはせっかくの対策も無駄になってしまいます。

そこで、最後になりましたがこんなオシャレな空気清浄機で
あればリビングのインテリアにもなりますし、これからの時期は
花粉症対策としても使えそうなのでご紹介して終わりにしたいと
思います。

コチラの商品です⇩



まとめ

2014年のインフルエンザ対策として

  • マスクの正しい着用法
  • からだの免疫力を弱めない対策

この2点だけでも十分効果的なのでインフルエンザの予防接種
をうったから大丈夫と安心して過ごすのではなく、日常生活に
役立てて頂けたら嬉しいです^^

もっとこんな予防法があるよってご意見頂けたら私も
嬉しいので教えて下さいね^^