Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

images
24時間テレビ2013ドラマにて山田涼介さん
出演の『今日の日はさようなら完成披露試写会

が行なわれその感想が集まっています!山田涼介
さんの役柄は?義足?気になるネタをまとめます!


スポンサードリンク

ドラマ『今日の日はさようなら』完成披露試写会感想は?

名称:ドラマ『今日の日はさようなら』

放送日:2013年8月24日(土)

放送時間:21:00〜予定

images (1)

山田涼介さんが出演するということで24時間
テレビの視聴率が上がる!?と言われていますが
どんな役柄でどんな演技をしていたのでしょうか?

 

すでにドラマの完成披露試写会が行なわれて
いますが、試写会を見られた方からの感想が
多く寄せられている様ですので、今回はこの
点についてまとめてみようと思います!

 

その前に・・・現在人気爆発中の山田涼介さん
の人物についてまとめた記事が御座いますので
宜しければごらんください^^

 

⇒山田涼介さん筋肉がスゴい!!女性が見とれるその姿とは?
(詳しくはコチラをクリック!)

 

ではでは、今回行なわれた完成披露試写会での
ファンの皆様の感想をまずご紹介してみます。

 

ファンの反応は!?

 

 

 

うらやまし〜〜(*゚Д゚*)ェ…試写会がある事自体を
知らなかったのですが、ファンの皆さんの内容を
みていると、どうもファン限定で抽選のメールが
あったらしいですね。

 

これだけ限定してしかも抽選ならかなりの倍率で
当選した方はホント運がよかったですよね^^;

 

この完成披露試写会にはご本人も登場されていた
というからまたファンにはたまらない空間になった
でしょうな。大きな夏の思い出ができたかな。。。

 

⇒完成披露試写会の様子をニュース Zip!公開放送!!
(詳しくはコチラをクリック!)

 

完成披露試写会はどうも8月20日に行なわれて
いる様なのですが、、、その行かれた方のツイート
や書き込みはどこを探してもでてきませんでした(。・´д`・。)エェ~


スポンサードリンク


やっぱりドラマを見る方の楽しみがなくなるから
口外しないでねって劇場でお願いされているのかな!?

 

そんな感じでしたので、ここで私の勝手な感想を
お伝え致しますね。一応原作読んでいますので
その情報がメインになってしまいますが、、、

 

⇒原作からドラマ『今日の日はさようなら』感動作の
理由をご紹介!(コチラをクリック!) 

 

リンク記事が大野智さんについてをまとめていますが、
ドラマで登場される「山田涼介」さんについてはもう少し
詳しくここで紹介していきます!

 

山田涼介さんの役柄は?義足は!?

images

 

この画像を見る限り山田涼介さんの足は義足に
なっていますねΣ(Д゚;/)/…エエ!?

 

大野智さんは悪性リンパ腫で入院してしまって
いるのですが、その同室に山田涼介さんが入院
していたという設定らしいですね。

 

しかも山田涼介さんの役柄としては14歳から
大野智サンと大きくは同じくくりの悪性リンパ
種にかかっており、入退院を繰り返している。

 

その治療の過程で足を切断せざるおえなくなった・・・
というのが役柄のようなのですが、あまりにも
切ない役。

 

ですから演技する山田涼介さんとしては病気に対して
ある種諦めているところあり同じ患者仲間もどんどん
他界していくなかで次は自分では!?と思っているの
かな、そんな感情がない役立ったみたいです^^;

 

この病気は若い男性になりやすくてしかも悪性の場合
はほぼ延命の確率が低くて治療が難しいと言われています。

 

⇒悪性リンパ腫でも大野智さんは『リンパ芽球性リンパ腫』
(こちらの病気を詳しくご紹介しています)

 

もしも、わたしが同じ様な病気になってしまったら
と想像しただけで怖くなってしまいますが、20代
なら尚更つらいと思います。

 

夢や希望を諦めなければ行けない、病気とも戦わなければ
ならない。そんなつらい人生を歩むことがどれだけ
大変なことかをこのドラマを通じて学んでいかれる
かと思います。

 

まとめ

ドラマ『今日の日はさようなら』では山田涼介さん
は大野智さんがくる前から入退院を繰り返していた
患者さんの役ですが、原作を見る限りその同じような
患者さんはでてきていません。

原作では2人の男性患者(若い)さんが主人公と
仲良くなるのですが、主人公が他界したあと同じく
他界されています。治療の難しさもわかりましたが、
早くこういった難病が治せる技術が出来る事を
願いたいと思います。

 

最後まで読んで頂きまして有り難う御座います。