Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

makihara

元巨人の槙原氏はテレビ番組でプロ生活の

辛い過去を告白した。

明るい表向きとは違う現役生活とは。


スポンサードリンク

「巨人軍は紳士たれ」いまも受け継がれる読売巨人軍の
合い言葉ともいえる伝統の象徴である。

 

この言葉に意味する、スポーツマンシップにより常に紳士な対応を
求められる巨人軍。

長い髪の毛やヒゲはもちろん駄目だし、恋愛スキャンダルも
厳罰対象になるかのごとく思われている。

5905768

元巨人の二岡選手のモナさんとの熱愛スキャンダルがあって
トレードされたりと実際マスコミに漏れてしまうと球団自ら
行動してしまうという選手にとって非常に窮屈な球団だ。

 

そんな中、今回の出演テレビで元巨人で現役時代の実情を
告白している。

 

槙原氏は「よみうりランドに寮があったんですけども、一時期あまりにも沢山悪いヤツが夜になると(寮から)出ていくんですよ。最終的には、あまりに出過ぎるんで、有刺鉄線を非常階段に」

さすがにここまでしたら野球に集中してくれるのではと
考えたのか、どうなのか。

 

ただ、ここまですると逆に選手は反発するのは言うまでもなく、

「有刺鉄線をあまりに危ないと文句言ってたら、一時期、急になくなったんですよ。有刺鉄線を巻かれる原因を作ったヤツが、消防署に電話して“有刺鉄線が張られているから巨人軍は火事があったら大変だ”って。水野(雄仁)」

今でこそ、選手も私生活などをソーシャルメディアで公開するなど
自由な行動も可能となっているが、昔の生活は極めて厳しい状況だったようだ。

 

元巨人の槙原氏もこの告白をもとにもっと選手が自由な生活が
できれば、日本球界に残ってくれるメジャー希望の選手が増える事を
期待したい!

ちなみに槙原選手現役のシーン!
動画こちら
最速155kmと実は槙原さんスゴい人なんですよ!!