Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

kdefed
2013年8月31日(土)公開決定している
映画夏の終わり』のあらすじ紹介!結末も?

ネタバレ注意!瀬戸内寂聴モデルの映画って
ホント?気になる情報をまとめて紹介します!


スポンサードリンク

映画『夏の終わり』のあらすじ&ネタバレをご紹介します!

名称:『夏の終わり』

原作者:瀬戸内寂聴

受賞歴:1963年「夏の終わり」にて女流文学賞受賞。
その後も数々の作品を残している。

映画キャスト:満島ひかり・綾野剛・小林薫など

監督:熊切和嘉

予告動画⇒「夏の終わり」予告動画はコチラ(2分)

fefefdfa

 

この物語は一人の女性を主人公に男性2人の間を行き来する
様子を描いており、現代にも考えられるであろう感情のもつれ
をうまく表現しています。

 

ただ、このお話しを紹介するにあたって原作者の瀬戸内寂聴
さんの人生がとても似ている点が気になり少しご紹介させて
頂きます。

 

瀬戸内寂聴さんは徳島県徳島市の仏壇店を営む三谷家の次女
として生まれていますが、その後父親が従祖母の家(瀬戸内)
の養子となることで自身の姓も瀬戸内と変わっております。

 

その人生の中での転機は学生時代におこっており、大学を
東京女子大学に進学していますが、そこで出会った男性と
在学中に結婚しています。

 

その段階で波乱の人生のような気もしますが当時としては
よくあることだったのでしょうかね??その後、夫の仕事
で中国北京へ同行し帰国するも夫の教え子と恋に落ちて
しまうのです・・・(波乱過ぎる^^;)

 

ついには夫と長女を残して離婚!!!

 

時が立ち長女とは和解しておりますが、その時期から小説
を書き始めて注目されるのです。


スポンサードリンク

上記の説明にもあるいわば『不倫』の実体験を小説に書き
おろしたのが今回の作品”夏の終わり”になるらしいですね。

 

このような人生を振り返ると女性として生きている姿に
今の姿と違って情熱に溢れているように思えましたが、
きっとそのような人生だったからこそいま出家して心から
相手に向き合えているのかなと想像しています。

 

ではではそんな瀬戸内寂聴さんの人生をふまえた上で今作品
『夏の終わり』のあらすじ紹介致します。

 

映画『なつの終わり』あらすじ&ネタバレと結末とは?

images (3)

 

このお話は主に『不倫』関係がスタートしているところ
から始まっています。

 

出てくるのはこの4人(原作の名前で紹介します)
※映画では名前が違うかも(´д`ι)

 

  • 主人公: 知子(満島 ひかり)
  • 不倫相手:慎吾(小林 薫)
  • 恋人:涼太(綾野 剛)
  • 不倫相手の奥さん:慎吾の妻(不明)

 

 ⇒注目は「満島ひかり」演技はワンパターン?いや巧いでしょ!
(詳しくはコチラをクリック!)

 

このように少ない出演者になるかと思います。
というのも内容が常に知子の家を軸にして男性が
来ては出て行きを繰り返すことが多いためあまり
展開としては風景が変わるのも少ないのでは??

 

もちろん旅行にちょくちょくでかけていますので
その点では一変するとは思いますが、この話しの
主軸は男女の感情の揺れ動き方にあるかと思います。

 

内容として、その主人公”知子”がもう8年間もの年月
を慎吾と不倫しており、その慎吾も上手に今の奥さん
と知子との間を行き来してくるのです。

images (5)

知子にとっては本音では慎吾と一緒になりたいと感じて
いるもののそう伝えることは一切なくして慎吾もまったく
そのことには触れようともしていないのが不思議でした。

 

理由は、知子は仕事が順調で経済力があったからの様ですね。
そのため、自分の立場に負い目を感じることなく奥様にも
世間にもおおっぴらな態度を誇示していました。

 

そこへ昔の彼氏である涼太が侵入してきたことから全てが
変化していくのです。

 

涼太とは知子が昔結婚していた時に浮気相手として付き合って
おり、それが理由で離婚しています。

images

その涼太とも結果的には巧く行かなくなって別れて涼太は別
の女性とくっついたかに思われていたのですが、突然また
戻ってきた形になっていますね。

 

その3人が出会うことで巧く回っていた歯車が崩れるのです。

 

知子は毎年お正月にはいつもひとりっきりで過ごすことが
多く、理由は慎吾の家庭があるため盆や暮れには必ず家庭
にいる夫の役目をこなす男性だったのです。

 

その為、知子は毎年正月には一人旅をして旅先で正月を越す
といった寂しい時間を過ごしていました。

 

8年目の正月に、しかも旅行に出かける間際に涼太が突然
現れたので、そこは男女の関係から泥沼にハマっていった
ようですね^^;

images (1)

この涼太は情熱的でどうやって知子を慎吾から引き離そうか
考えてもいたようで、ことあるごとに「二人の関係はおかしい」
と話していました。

images (4)

その説得が知子のこころを揺れ動かし初めてついには慎吾の
家庭にあしを踏み入れる間際まで行くのですが、ここで知子
も思いとどまり、慎吾とは関係を続けていくことを決心して
涼太と別れを切り出します。

 

涼太は知子を解放できないことがわかり諦めて知子の元を
去ってしまいますが、そのことがまた知子の感情を揺れ動かし
慎吾とも巧く行かなくなります。

images (2)

最終的には、知子と慎吾も別れてしますのですがその感情の
もつれがとても文章では表現しきれないのでココは映画で
楽しんでもらいたいと感じます^^

 

まとめ

映画『夏の終わり』はわたしも是非見に行きたいと考えて
おります!この話しをまとめておつたえするのなら以下の
表現が正しいのか分かりませんが、こうではないかと感じます。

  • 愛するよりも愛したい?
  • 受け身だけと尽くすことも考えたい!?

まだまだ人生の勉強不足のわたしには理解しがたい部分
ではありますが、女性のこころの移り変わりを描いた
良い作品だと感じました^^

全ては劇場で確認してみてくださいね!
最後まで読んで頂きましてありがとう御座いました。

⇒男性でも常にモテ続けている方もいますよね!
44歳でもモテモテのあの方はいつ結婚するんでしょう?コチラ