Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

images
世界陸上2013日程
放送時間が決まり、
ますます注目度が高まってくる中で今回出場

する開催される種目の『マラソン』”女子”と
男子上位予想と注目選手の川内優輝と
福士佳代子にスポットを当ててみます!


スポンサードリンク

世界陸上2013日程&放送時間とマラソン情報お届け!

名称:世界陸上2013 マラソン女子・男子

開催日・時間:女子マラソン⇒2013年8月10日 現地時間14時スタート予定
(現地時間より5時間後で日本時間の19時スタート予定)

男子マラソン⇒2013年8月17日 現地時間15時半スタート予定
(現地時間より5時間後で日本時間の20時半スタート予定)

開催場所:ルジニキ・スタジアム

sutajiamu

出場予定選手:

<女子>
木崎良子(ダイハツ)-名古屋ウィメンズマラソン優勝 2時間23分34秒
福士加代子(ワコール)-大阪国際女子マラソン日本人1位 2時間24分21秒
野口みずき(シスメックス)-名古屋ウィメンズマラソン日本人2位 2時間24分05秒

<男子>
堀端宏行(旭化成)-福岡国際マラソン日本人1位 2時間8分24秒
川内優輝(埼玉県庁)-別府大分毎日マラソン日本人1位 2時間8分15秒
中本健太郎(安川電機)-別府大分毎日マラソン日本人2位 2時間8分35秒
前田和浩(九電工)-東京マラソン日本人1位 2時間8分00秒
藤原正和(Honda)-びわ湖毎日マラソン日本人1位 2時間8分51秒

マラソン歴代メダリスト:

2009年:銀●尾崎好美(女子マラソン)
2007年:銅●土佐礼子(女子マラソン)
2005年:銅●尾方剛(男子マラソン)
2003年:銀●野口みずき(女子マラソン)
銅●千葉真子(女子マラソン)
2001年:銀●土佐礼子(女子マラソン)
以下まだまだいますので省略致します。

選考基準:こちらについては選考基準記録として

■日本陸連派遣設定記録
男子:2時間7分59秒
女子:2時間23分59秒
などありますが、これだけではなくもっと複雑なので
以下参考サイトにてご確認をしてみてください^^

選考基準を記載した参考サイト

⇒⇒世界陸上の全種目の日程と放送時間!気になる100m◯◯選手特集も!

images (1)

今年も世界陸上が開催されることになり盛り上がりを
みせていますが、そもそもオリンピックがあるのになぜ?
世界陸上もしているの!?なんて疑問ないですか??

8月10日追記⇒おめでとう!福士加代子が銅メダル獲得!彼女の特集はコチラ

世界陸上とは、国際陸上競技連盟(IAAF)の主催であり
(オリンピックは国際オリンピック委員会(IOC))
世界のトップアスリートが陸上競技世界一を競う大会です。

 

でも理由になってないのでもっと詳しく調べてみると
オリンピックとサッカーワールドカップのように世界
の全ての国の選手が参加できる大会にする目的であって

 

しかもオリンピックと違う点は、オリンピックよりも
もっと多く参加する国と選手が多い(その理由は不明^^;)
ですので、陸上競技界では世界最高峰の競技大会として
この大会での記録は名誉あるものとして皆世界記録に
挑んでいるみたいです^^

 

また、もうひとつ違う点は、オリンピックとワールド
カップでは4年に一度の開催ですが、世界陸上は2年
に1度の開催の為、オリンピックの前後に開催される
ことが多いらしいです。

 

選手にとってはいいですよね^^オリンピックと被ったり
していたらどちらかを諦めないといけなくなり、もったい
ない思いをしなくてもすむので。

 

せっかく陸上競技に人生を賭けてきた選手なら全ての
大会で新記録を狙いたいので出られる大会は多いことに
こしたことはないはずです!


スポンサードリンク

世界陸上という大会がこういった経緯で開催されていることが
わかった上で、今大会に出場する選手のご紹介とその中でも
注目日本人選手2名(男子1名・女子1名)をピックアップ
してみようと思います!

 

これで世界陸上が少しでも面白くなればと思います^^

 

世界陸上 男子マラソン注目選手【川内優輝】

本名:川内 優輝(かわうち ゆうき)

出身地:埼玉県久喜市

身長・体重:174cm・62kg

年齢・誕生日:26歳・3月5日生

自己ベスト:

ハーフマラソン1時間02分18秒(2012年)
マラソン 2時間08分14秒(2013年

学校:学習院大学卒

ksssg

今大会注目選手の一人ですが、サラリーマンランナー
として全国的にも知名度がありますが、世界陸上や
オリンピックでは入賞経験がなく今大会は実力も付き

 

非常に期待される選手です。世界陸上は2011年
韓国テグ大会出場するも18位と個人としてはあまり
良い成績とはいえなかったが、この記録も影響してか
日本団体マラソンが2位の成績と貢献しています。

 

そのときの本人のコメントにマラソンに賭ける思いが
うかがえました。

 

(以下引用)

 

「団体の銀メダルに貢献出来て嬉しい」と涙を浮かべ、「僕みたいにスピードが無くても日本人の粘りがあれば、マラソンはやれるんだと証明できた」と自身も納得のコメントを述べている

 

こんな根性と気持ちの強い川内さんの特徴といえばあの
”ぎりぎりまで力を出し切る”走りにあると思います^^

 

kawauti

 

 

かれの精神力は並のものとは思えませんが、いつも全力を
出し切る為かマラソンのゴールテープを超えた瞬間に倒れ込む
シーンはよく見ますしニュースでお流れることがおおいですね^^

 

ちょっとあつめましたのでコチラご覧ください(笑)
⇩  ⇩  ⇩

kawautiimages (3)

kssimages (2)

images (4)

 

 

最後はすいません^^どうしても載せたくなりました(笑)

 

でもけっして笑ってばかりいる訳ではありません。
これほどまでに全力をだすのは普通怖いものです。
実際に私も小学校・中学校とマラソンの大会に出場
したりして目の前が真っ白になるほど走っていた時期

 

がありましたが、その手前で少しペースをおとして調整
するのが普通ではないかと思います。だって怖いでしょ^^;

 

それでも最後まで力を使い切る精神力は日頃の練習が
あってのことだとおもいますのでこんな川内さんの
走りに是非今大会期待したいところです^^

 

続きまして女子の注目選手になります。

 

世界陸上 女子マラソン注目選手【福士加代子】

本名:福士 加代子(ふくし かよこ)

出身地:青森県北津軽郡板柳町

身長・体重:161cm・45kg

年齢・誕生日・血液型:31歳・3月25日生・A型

自己記録:

10000m(日本歴代2位)30分51秒81 2002年10月8日 アジア大会釜山大会
10000m(Jr日本歴代2位)31分42秒05 2001年9月29日 全日本実業団選手権
マラソン 2時間24分21秒 2013年1月27日 大阪国際女子マラソン

学校:青森県立五所川原工業高等学校卒

kdudee

福士加代子さんの魅力はなんといってもこの笑顔^^
走っている時や、走り終わったあとのインタビュー
コメントの際も笑顔はたやしませんよね!

kdddffef

 

この笑顔をみると癒されますが、その魅力は笑顔だけでは
当然なくて選手としては、元々3000mと5000m
に非常に強いスピートランナーでした。

 

ですので、マラソンはする予定もその気持ちもなかった
とかでこんなコメントを残しています。

 

(以下引用)

 

福士本人はかつて「マラソンを走るつもりはない。
2時間以上あるなら走り続けるより映画を見たい」
と述べるなど、フルマラソン転向について消極的
であることを公言していた。

 

ちょっとユーモアも交えて面白いですが、それだけマラソンは
苦手意識なのか興味がなかったのかわかりませんが気持ちがな
かったようですね。

 

そんな福士さんはどうしてマラソンに転向したのでしょうか!?
以外にこの選手の動向が以前から気になっていた筆者は少し
調べてみました。

 

その前にそんな福士さんのマラソン転向には多くのファンも
同じ気持ちで期待と不安をもっていました。

 

(以下引用)

 

fukusi1
福士選手の今後は
マラソン転向orトラック専念

あなたはどちらを望みますか?
理由も添えて教えてください。

⇩  回答  ⇩

fukusi2
マラソンに転向
日本女子陸上界はマラソンが花形種目だから。

昨日のレースを見る限りは、トラックに専念
したほうがいいと思いますね。
トラックでこそ活きるスピードだと思います。

 

福士加代子さんのあのスピードと持久力はかなりの驚異
になるとファンも見ている様で、その力をマラソンで
活かせるなら必ず活躍が期待できるのでは!?

 

こうみるファンが特に多く感じました。

 

その福士さんはトラックにこだわり続けていたのにどうして
ココにきてマラソンに転向したのか!?

 

その理由をさぐるとこのような見解がありました。

 

(以下引用)

 

その年、女子マラソンでは、土佐礼子(三井住友海上)が世界陸上大阪大会で銅メダルを獲得し、北京五輪代表の内定を得たため、残る枠は2つとなる。

 

さらに同年11月の東京国際女子マラソンでは、アテネ五輪女子マラソンのディフェンディングチャンピオンである野口みずきが大会新記録で圧勝し、ほぼ五輪代表決定との報道をされ、事実上残る枠は1つになった。

 

この1つの枠を、2000年シドニーオリンピック女子マラソン金メダリストの高橋尚子(元ファイテン)らを始め、数多くの国内有力選手と争う事になるため、福士には慎重な判断が求められており、マラソン転向に関しては断定を避けていた。
12月18日、日本陸連を通して翌年1月に行われる大阪国際女子マラソンに、「一般参加選手」として初マラソンに挑戦することを表明。福士本人は「まだ本格的な練習をしていないので期待と不安が有りますが、期待に応えられるよう頑張ります」と文書でコメントした。

 

 

過去にもトラックの女王がマラソンに転向した例はありますが、年齢的に遅かったり、スタミナ強化がうまくいかなかったりしましたが、年齢的にもちょうどいいし、ハーフマラソンで日本記録を持っている。

images

 

上記は以前マラソン転向に際して取り上げられた内容ですが
正式に本人からどうして転向したかなどの記事はみつけられ
ませんでしたが、この内容と最初にファンのコメントをまとめ
てみると、

 

理由1⃣:年齢も若いし、ハーフマラソンの記録があり出場すれば期待大!

理由2⃣:やはり女子陸上競技の花形種目であって一度は憧れるマラソン!

 

ちゃんとした理由はわかりませんが、上記内容ではないかと筆者は
推測します。

 

尚、ご本人はマラソンに対してこんなコメントを残しています。

 

(以下引用)

 

昔の私では、とてもじゃないけど2時間走るなんて考えられませんでしたけど、今は「2時間もあるんだから、焦らずいこう」って思えるようにもなりました。

 

これは自分にとって大きな変化でもありましたね。中距離のときは、もっとバタバタしていたんですよ。不思議なもんで、その気持ちが普段から定着しはじめると、性格も変わった。気が長くなったんじゃないですかね。昔はもっと気が短かったんですよ(笑)。

 

気持ちも吹っ切れている様ですし^^調子も上がっていると
きいていますのでこの世界陸上では持ち前のスピードを
活かして優勝狙って貰いたいと思います!!

 

まとめ

世界陸上マラソンの上位予想をしておりませんでしたので
ここで予想してみようと思いますが、、、、、すみません
男子⇒川内優輝が優勝!
女子⇒福士加代子が優勝!

いまのところこの二人がとても魅力的に見えていますので
この結果を期待したいと思っております^^;

 

最後まで読んで頂きましてありがとう御座いました。
⇒⇒この夏は甲子園も盛り上がっています!あの◯◯以来の二刀流が出現する!?