Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

ppp千年に一度の猛暑とはなんでしょう!?

今日も西日本地域では35度を超える暑さが

体力を奪っていますが、この暑さ異常じゃない!?
千年に一度の猛暑といわれる理由も調べてみました。


スポンサードリンク

猛暑とは!?理由と今後についてを調べます。

 

西日本では13日8時台から35度以上の猛暑日が
各地で観測されています。先週末からどうも暑いアツいと感じて
いましたが、これは異常気象では!?千年に一度の猛暑とは!?

ニュースで取り上げられていましたが実際まだ6月なのに
7月8月とこの暑さが続けば体力もたないよ〜って思いませんか!?

pppppp

「猛暑」について少しご紹介します。

猛暑日について
猛暑とは平常の気温と比べて著しく暑いときのことですが、
世界ではこの「猛暑」の定義を定めているようです。(以下引用)

「最高気温が平年値を、連続5日間以上、5度以上上回ること」
ただ、日本の天気予報では言われている「猛暑日」と言っていますよね。
日本独自の基準ですが1日の気温が35度以上の日を猛暑日としている
らしいです。ちなみに「真夏日」は30度以上です。

実際35度以上が最近の西日本地域で観測されており体験してますが
空気がモワッとして多少の息苦しさも感じます。

lplpoop

表現方法で過去に「酷暑日(こくしょび)」や「炎暑日(えんしょび)」
または、「極暑日(ごくしょび)」などと言われていたらしいのですが、
たしかにその表現もぴったりくるような体感です。

これがこれからずっと続くとなると外での作業が多いお仕事の方など
かなり大変なのでしっかり対策をとっておかないといけませんね。

mpmp

 

猛暑が起きた理由!?

台風3号の影響が大きいです。台風3号についてはこちらでご紹介しています。
猛暑日になる理由は少し難しい表現になるので箇条書きにてご紹介します。

高気圧に覆われて全層に渡って風が弱くなる。
高気圧に覆われている影響で周囲の冷たい空気や湿気の流入が弱くなる。
高気圧は南から暖気として継続的に入ってくる。
とくに内陸や盆地は周りが山間部で外部の大気と混ざりにくいので
熱い空気がその場にとどまりやすい。
上記のことを気象表現で フェーン現象(風炎現象)というようです。
わたしのひょうげんとしては サウナ現象(笑)です。

まさしく逃げ場のない中でじっと耐えていかないといけないのですね。

vvv

千年に一度の猛暑とは!?

そんな猛暑日が続くなか以前から今年は「千年に一度の猛暑」だとニュース
で報道されていたのでそこについて調べました。

千年に一度の猛暑とは!?
まず一番言われている理由は、

  • 地球温暖化が進んでいる影響で平均気温が
    毎年あがっているから年を追うごとに気温上昇が止まらない。

ついで専門家が研究している内容での理由として

  • 異常気象の定義そのものがあってないようなものらしいです。

とゆうのも人間の寿命が100年として地球が存在しているのは
100万年以上なので昔に比べて変化するのは当たり前の話しといった
ところでしょうか。

 

また、自然変動の周期は複雑にあり一日周期の太陽(朝日が昇って沈むまで)
から十数年周期で太陽の黒点活動の変化や 数十万年周期の変化まである。

05201557_5199c96449fd2

その変化をグラフにしたとき一番上と下では開きがあるのは当然。
その変化を数年前に比べて以上に違う!?といっているようなもの。

 

だとしたら、いまの異常気象は自然サイクルの熱いピークなのかな!?
なんて考えたら気がまぎれませんか^^

 

 

ただ、自然の変化に身を任せるしかないですが、建物が多く立ち並ぶ地域
は緑も少なくなりヒートアイランド現象などについては自然現象と

fffff

プラスαで異常気象への追い風になっていることは間違いない様なので
できるとしたら緑を残す努力をしたいものですよね。

 

対策として

 

気象変化を理解した上で、昨年と同じ感覚でいると思いのほか
体がついていかない可能性もありえますので、準備だけはしっかり
しておいて普段から水分補給と長時間の作業がある場合は休憩を
こまめにとる努力も必要かと思います。

年とともに体力も低下するので食事とキッチリとって体調管理
はできる限りやっておきたいですよね。

images (3)

今後の予想!?

異常気象は自然界の変化周期にもよるので今が異常なのかは
分かりませんが、一番のピークであるなら今後続きかもしれ
ませんが、このままずっと上がり続けるといったことは

ないと考えます。とゆうのも氷河期が例として挙げられる
ことも多いのですが、(以下引用)

過去数百万年は、4万年から10万年の周期で多くの氷期が起こり、これについては研究がさかんに行われている。各氷期と間氷期ではそれぞれ平均気温が異なり、最近の氷期では年平均気温で7-8℃以上低下したというデータもある

 

結局地球の自然界は周期によって変化していると考えると
いまの状況が最悪かどうかは分かりませんが、この気温に
対応するしかないと考えないと生きていけませんよね。

images (4)

まとめ

千年に一度の猛暑とは!?
⇒⇒自然界の周期で暑い時期にきている可能性がある
また、温暖化の影響もそれを後押しして暑くしている。

理由!?今後は!?
⇒⇒今回の猛暑については台風3号が影響していてサウナ現象となっている。
今後についてはずうっと続くとは考え難いので今の気象状況に
体を対応させていくしかないと思います。

最後まで読んで頂きありがとう御座いました。
似ている記事はコチラ⇒ 夏バテ予防の食材!イライラ抑える食事法とは!?子供の夏バテ対策に!