Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

2013-11-27 22.27.20
11月29日(金)公開
SPEC結(クローズ)爻ノ篇の
ノベライズ本を早速読んで参りました!
一足先に結末を!!
すでに読んでいる方は、
もし間違いあればご指摘くださいヽ(*´(ェ)`)


スポンサードリンク

スペック結【爻ノ篇】ネタバレ&あらすじ

※以降は、完全に結(爻ノ篇)ネタバレになりますので、
ご注意を!!!

ーーーーー

漸ノ篇の最後に、シンプルプランのウィルスに
感染した当麻紗綾(戸田恵梨香)。
その直後より、すさまじい高熱におかされていた。

しかし、そのウィルスの正体はなんと、まさかの

ただのインフルエンザウィルス!!

【これはやられましたね!まさかすぎて。
毎年、インフルエンザによって亡くなったというニュースが
でますが、まさかそれがスペックホルダーだったからだなんて!】

しかし、ただのインフルエンザウィルスなら、
それに感染した直後にプロフェッサーJと名乗った水芸女
(香椎由宇)が、何者かによって消されなければいけなかった
理由が見当たらないと思った当麻は、お決まりの書道で問題解決。

『父の後輩・湯田秀樹(遠藤憲一)が、
なぜニノマエのクローンの存在を知っていたのか?!』

【前回の漸ノ篇で、湯田が当麻の実家でプロフェッサーJに
ついて教えてくれたとき、ニノマエクローンを作った奴と
教えてくれたことを思い出したのです。】

ということに気づき、湯田がプロフェッサーJであることを
確信するし、湯田の元に急ぐ当麻と瀬文焚流(加瀬亮)。

その頃、警察病院で治療中だった湯田が、正体を表し、
さらに警察病院の地下に存在していた(ことが、今判明w)
デッドエンド=スペックホルダー収容所に侵入し、
シンプルプランウィルス=インフルエンザウィルスを
まき散らしていた。


スポンサードリンク

【あの赤い部屋、デッドエンドは警察病院の地下にあったん
ですねぇ。しかも漸より登場したバナナ医者の渡辺いっけいさん、
確かに前回のところだけの出演にしては大物俳優さんですもんねw
どうやらデッデエンドでの責任者だったようです】

その惨劇をみた当麻と瀬文。
同時に当麻も倒れてしまう。

そして、その理由も判明。

スペックホルダーは、インフルエンザに対する特効薬が
効かない体質で、ただのインフルエンザが命取りになる、
という原理。

その仕組みに気づき、すでにやられてしまった
スペックホルダーのためにも、自分のスペックで
戦おうとする当麻、
その覚悟を受け止め、最期まで見届ける覚悟をした瀬文。

自らの能力で召還した八咫烏(ヤタガラス)連れ去られてしまう。
そのままサブアトラス会議まっ只中の会議室(厚木の米軍基地中心部)
に現れた大きな八咫烏につれられた当麻の姿が。

すでに目が闇に染まってしまっている。
左手をかかげ、サブアトラス会議に参加していて、人の命は
軽んじるくせに、自分の命の危機だけには怯える人々に対し、
制裁加えたのだった。

【ここでの当麻の姿が、【天】でのエンディングに登場した
左手に火の剣を持った天使を表しているそうです。
当麻は天使だったんですね!
じゃあマリア様は。。。?】

その制裁で起きた爆発を、警視庁の電波塔から
眺めるしかできない瀬文と吉川(北村一輝)。

敵か?!はたまたセカイ(向井理)は世界そのものなの?

20131108162323

そこに、セカイ(向井理)と大人・潤(大島優子)が。

そして、しかも古戸久子の能力を使う潤に、あっさりとやられて
しまった吉川。
※古戸久子とは、念動力の力を持ち、消息不明の娘を探していた
あの女性ですよ!

【ここ謎です。なぜ潤が古戸さんの力を今更使うの?
しかも、せっかく野々村係長待遇が救ってくれた吉川が
こうも簡単にやられちゃうと切ないッスね(´;ω;`)ウゥゥ】

ここからの流れを簡単に訳す(自己流です、あしからず)とですね、

元々、ガイア(地球)のものなのに、我が物顔で、資源や領土を
金、権力、物欲のために奪うために争っている人間に嫌気がさした
ので、返せといういい分のセカイと潤。
そんなものはどうでもよくて、潤の体を返してほしい瀬文。
そこに我が娘・潤を救うために青池里子(栗山千明)が。

その、指をならし‘時’を静止するセカイ。

【セカイらは、人類滅亡させるために、人間自ら作った核爆弾を
使います。だってそのほうが、より人間てバカみたいって
思えるからでしょうね(*゚ε´*)】

【この静止している世界で、瀬文は邪魔なので遠くに
飛ばされちゃいます。】

そこに、当麻が登場。

『ついにソロモンの鍵がきたわ』
『当麻紗綾。現人類の歴史に終止符をうち、我らガイア由来の
先人類の魂をこの世界に戻す、扉を司る躯体』

【つまり、当麻の体は簡単にいうとあの世とこの世の扉であり、
ゲートってことだと思うんです。】

【で、少しさかのぼって、湯田の言葉を借りると、
スペックホルダーは人間の進化系ではなく、むしろ先祖。
で、なんの力もない人間は、あとから地球に生まれてきた
ただのよそ者、というか新参者と言いましょうか。】

【その先祖のスペックホルダーたちを、当麻の体を通じて
再びこの世に生き返らせようと言うのが、セカイの目的!
だと、思われる。。。おそらく。難しいw】

すでに意識のない当麻の体に入っていった
今までの霊体、スペックホルダーの魂。
人類に居場所を奪われた恨みのこもった魂たちが転生を
遂げるために。
がしかし、当麻はまだ意識があった!

驚くセカイと潤。

そこに、8羽の八咫烏。
陽太(ニノマエ)、海野、美鈴、地居、冷泉、サトリ、マダム陰陽。

この8人によって、セカイが起こそうとした核爆発を未然に
防ぐことに成功!!

しかも、この小細工に手を貸してくれたのは、
セカイの兄者・卑弥呼の裏切りによってだった。

【ここでは正体は書いてませんが、これ、野々村係長なんじゃ?!】

これに腹をたてたセカイによって、
次々に消される仲間たち。
そして、里子までもが消されそうになったとき、それを潤が
かばってしまい、それを許さないセカイは二人ごと消してしまった。

それをみて、完全にブチギレ当麻。
セカイが、SWEEPしようした瞬間、左手によって毎回から
“餃子ロボ”を召還し、鏡の反射を使い、セカイ自らの力で湯田
ともども消し去ることに成功。

しかし、それでは終われない。
当麻の体が扉になっている以上、このまま自らの命をもって
扉を閉めざる終えない。
が、しかし自力ではすでにそのような力はなく、意識も危うい。
そこに、飛ばされていた瀬文が自力で戻ってくる。

最期を託す当麻。
躊躇う瀬文だが、終わりにしてあげたい思いと覚悟をして、
最後に微笑み、

『当麻。。。来世で待っていろ』

そして再び、世界は天然色を取り戻していく。。。

ーーーーーー

感想&まとめ

このあとのシーンもあるんですけど、わたしの説明では
書ききれませんでした。

ごめんなさい。

でも、なんにせよ、この終わり方は望んだものでは
なかったなぁ。。。だから、書きたくないのかも(*ノД`*)

当麻自身が、最終的に生きていないかもという想像は
あったんですけど、にしても(;ωノ|柱|。。。
瀬文さん、当麻を撃ったことで捕まるんですよ、この後。
なんてこった。

切なすぎるでしょ。。。
なんでこんな終わり方なのよウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!

しかも最後の最後にまさかの

『朝倉』!!!

真山さん(ケイゾクでの渡部篤郎)が殉職したって、【翔】で
野々村係長が言ってたんで、なんだかここにきて
今更朝倉に負けた気分で、二倍悔しい!!

って、ことでここまであらすじだけで
イッパイイッパイになってしまったので、映画公開観てから
謎の部分を書いていきます!

SPEC好きのみなさんで、結末についてあーだこーだ
意見しましょう!

SPECとケイゾクの比較!①

SPECドラマ&零&翔のナゾ。。。②

SPEC天はこちらっ③

SPEC結【漸ノ篇】まだのかたは必読!