Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

2013-12-01 11.57.07
SPEC公開初日に【爻ノ篇】を
観て参りました!!
自分なりの解釈と感想、パンフレットや
スペックナビからの出演者や監督さん、
プロデューサーさんの思いを書いていきたいと思います!


スポンサードリンク

爻ノ篇〜それぞれの解説&解釈〜

ついにドラマ【ケイゾク】から14年、【スペック】が
SPEC結《クローズ爻ノ篇》で、完結しましたね(`L_` )

ドラマ開始当初は、ケイゾクファンとしては
「ケイゾクの部分は、野々村係長や小ネタ部分だけが継続されている
だけで、全く違うドラマじゃない?」と思ってましたけど、
いつごろからかそんなことは忘れて、スペックはスペックとして
めちゃくちゃハマっている自分がいました(∩∀`*)キャッ

そんなスペックが、開始当初では予想していない結末を
迎えましたね・・・

当麻紗綾を演じた戸田恵梨香さん曰く

「爻の最後に空中に浮かんでいる当麻は、ただただ”無”で、
そうなったことに寂しさはあるけれど、宿命を受け入れている」
「過去の回想シーンで上から落ちてくる感覚は、道端に咲く花のようなもの」
「誰がいつ自分を見つけてくれるんだろうとう感じ。。。」

と、インタビューで答えてます。
それが、瀬文焚流さん(加瀬亮)だったんですね。

 

恋愛というよりも、もっと根本的な愛や信頼で結ばれている二人。


スポンサードリンク

「結での瀬文は、とにかく当麻を生きる拠り所にしていた」と語った
加瀬さん。

今回の撮影では、瀬文と当麻が見つめ合ったり、瀬文が当麻を
見ているシーンが多く、その場合、画面に映らないほうは、
代役として、助監督さんだったり、ただの目印を見ることが
多いみたいですが、この「スペック」の現場では、戸田さんが
目線に立ってくれたそうです。

そりゃ、助監督や目印を見つめるより、当麻が立ってくれていたほうが、
熱は入りそうですよね.(*`・∀・´*)゚

 

「セカイと潤の関係は未だに謎」という謎の白い女で潤役の大島優子。
「潤自らもスペックを持っているのに、セカイに消されるとき、抵抗
しなかったのは、愛情というものをもってしまったから、それが
弱点になったのかも」

たしかに、セカイとの関係は不思議でしたよね!
演じてた本人も未だに不明って。
そりゃ、観てるほうは永遠の謎ですわなw

でも、大島優子さんのあの口の悪い演技はなんか好きだったなぁ♪
下がり眉のあの顔とのミスマッチがよかったのかも!

セカイ演じる向井理。
「セカイのことは、自分で演じていながら、結局最後まで
はっきりとは分かりませんでした。」
「時間や空間を超越した存在で、物質としての人間ではなく”概念”」

概念て意味調べちゃいましたよw
なるほどですけど、難しいな…
銃で撃たれても傷つかないあたりが、今までのスペックホルダーとは
根本的に違うし、なんせ”セカイ”ですしねw

2013-12-01 11.58.36

今までのシーンに宙に浮いた当麻がいたら、異次元感や
パラレルワールド感が出る。
パレラレワールドとは、
『この現実とは別に、もう一つの現実がある』という考え。
たとえば、「あのとき、違う選択をしていたら違う今だったんでは?」
的な考えだと思います。
その違う今が、どこかで存在しているという。

だから、最後当麻がいた場面で当麻の姿はなく、後ろの空を
すーっと漂っているような映像だったんですかね。
考えれば考えるほど、分からなくなるんですけどもw

パンフレットの最後に、植田プロデューサーの言葉で、

「結は、終わるという意味だけではなく、
作り手とお客さんを結びつけるという意味があります。」

「この結末が皆さんの望むものであったかは分かりません。
でも、ぼやかした終わりではなく、お客さんの受け止める思いが
加わって、この物語は完結するというつもりのラストです」

それぞれが、いろんなことを推察することができるのが、
このドラマの一番面白かったところですよね。

波のゆくさき〜NAMInoYUKUSAKI〜

こんなの見つけちゃいました!

みんな、よく観てるし、よく考えてる!
自分も大好きなスペックをいろんな人が
いろんな方向から観ていると思うと嬉しくなりますね(*´∀`)

 

物語はまんまこのままだなwwww英語のがトウマVerで日本語がセブンVer

I’m one step behind every step you take

僕は君の歩みを追い続けている

Each time I reach it just seems to fade away

届くたびにすぐ消えてしまいそうだ

But with every speck of light,

でもそれは光を帯びて

I fight the breaking need to try

僕は破壊に抗う 抗わなくてはならない

Day will break the nite

日は夜を割っていく

And the light will find my way

そしてその光は僕の道を照らすだろう

In a dream I’m sure I saw it all

夢の中で 確かにすべてがわかったんだ

The tides that fall and rise again, and again

海は引き、満ちていく 何度も 何度も

Well maybe it’s just me,

僕は波のようなものかもしれない

caught in desperation to

絶望にとらわれる

Fight this helpless falling sensation

このどうしようもなく落ちていく感覚と戦って

I won’t let this take me down

僕はそんなことに負けない

*One after another endlessly

ひとつ また一つの繰り返し

How many more will I fight away

何度闘わなくてはいけないのだろう

Every time hoping it’d be the last time I’ll have to say hello

これが最後になればといつも願う

Night after nite I dream of ways

幾夜となく見る夢

To not have to meet you once again

君にもう二度と会わなくても済むように

Cuz every time feels like the very first time when I’ll have say goodbye

君にさよならを言わなきゃならない時 すべての時間が大切に思えるから

Build up of expectations

期待を込めよう

And it soon engulfs the best of us

それはすぐに僕らを包み込んでくれる

Lost in its speculations 深く考えこむ

Will we ever find a way to trust

信じられる道を見つけることはできるだろうか

What I’ll need is a kind of patience

必要になるのは耐えること

One that will give me the will to fight

闘う意志を与えてくれる

The last voice that ends in cadence

波に消えた最後の声

I won’t let it be me 僕をそうはさせない

I’ll get by with a little bit of ほんの少しの希望と

Hope and all and maybe just a little

君の後押しがあれば

Push on my shoulder and yes I’ll take my plunge now

僕はすぐにでも飛び込んでいけるんだ

Cuz all in all it all rests on ただそれだけ

The first hand that you can let go

君が手を離すこと それさえしてくれれば

Then and only then will you see why you’ve held on

なぜ君が僕の手を握っていたか わかるはずさ

No だから手を離さないで

And yes you’ll see why you’ve held on

君が僕の手を握っていた理由がわかるはずさ

No だから僕の手を離さないでくれよ

CD/ザ・ライスクッカーズ/parallax/UZCL-1026

CD/ザ・ライスクッカーズ/parallax/UZCL-1026
価格:2,500円(税込、送料別)

まだまだ終わらないよ〜♪

12月10日に《SPEC大全集》が発売されます!

もうここまで来たら、謎については、これを読んでから
また改めて記事にしたいと思います!

意地でも最後までつき合ってやる!!(,,・`д´・,,)ノダーッ☆

2013-12-01 12.35.00

 

あなたの映画感想もぜひおまちしていま〜す^^