Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

images
鳥人間コンテスト2013今年もやって
きましたね!今回のゲスト米村でんじろう
先生も出場するらしいので注目されています!

ただ、、放送事故の過去があり結果ブログ
から読み取れるものとは・・・


スポンサードリンク

鳥人間コンテストでの放送事故とは!?日程/放送時間ご紹介!

名称:第36回鳥人間コンテスト2013

開催日:2013年9月4日(水)

放送時間:19:00〜21:00

開催地:滋賀県彦根市の琵琶湖東岸

司会:東野幸治・羽鳥慎一など

今年もこの時期になりましたね^^毎年8月の最終週
に放送される鳥人間コンテストですが、実際の大会
自体は7月27日28日に行なわれており、その模様
が放送されております。

 

いまやこの大会も36回目を迎えて歴史を感じますが、
そもそもの始まりは1997年に『びっくり日本新記録』
と言われる日本テレビ放送の視聴者参加型スポーツ
バラエティとして放送されていた中の一部の企画で、
その企画が好評により番組名となり『鳥人間コンテスト』
として続いているそうです。

 

 

最初は『面白い飛び方を競う?』なんて名目で
始まっていたのですが、第10回目以降から
本格的となり『飛行距離を競う』大会に変わって
いき毎年大会記録更新を狙って有名大学などから
の参戦も目立っています^^

 

今年はなんとあのサイエンスプロデューサーの
米村でんじろう先生が特別ゲストとして大会に
参加しています!

 

でんじろう先生が登場するのはプログラムの
『滑空飛行部門』にでられるようなのですが、
どんな科学的に考えられた飛行機が登場する
のかたのしみですね^^

 

ゲスト出演なので記録には残らないですが、
大会新記録を更新する為に期待値も大きい
ようでこのように紹介されておりました。

 

(以下引用)

 

今大会では、「原点回帰」がテーマとなった今大会は、
より長距離のフライトを目指し、 科学実験でおなじみ
のサイエンスアドバイザー・米村でんじろう氏が新機体
を監修し、実験の末に編み出した「新たな動力」を搭載
したという飛行機がお披露目される。

「鳥人間―」は人力飛行がルールとなっているため、
順位に反映されない特別枠での参加となるが、昨年の
同部門で樹立された501・38メートルを超える新記録を狙う。

 

 

このように紹介されており期待の高さ
が伺えますね。是非とも大会新記録を
狙って頑張ってもらいたいです!!

 

しかし、以前この大会に参加した方が
大会側と参加学校を相手に裁判を起こ
している!?という聞き捨てならない
噂がありました。

 

鳥人間コンテストでの放送中に事故!?

images (1)

 

この事件の詳細はいろんなサイトで紹介
されておりますので一部抜粋して気になる
方はリンク記事にて詳しくご覧下さい。

 

(以下引用)

 

07年7月29日、読売テレビ主催の『第31回鳥人間コンテスト』に出場した彼女は、人力飛行機で滑走中に左主翼が折れ曲がり約10メートルの高さから落下。その衝撃が原因で『脳脊髄液減少症』という後遺症を患うことになった。
(livedoorニュースより)

リンクサイト⇒鳥人間コンテストを提訴

 

また、この説明だけではこの事件がとても
悲惨に聞こえてきますが、実際はどのような
感じだったのかが動画にもアップされており
ましたのでご覧ください。

 

⇒【放送事故!?】鳥人間コンテスト2007年動画

 

たしかに滑走からすぐに落ちていきながら
翼が水面に当たったと思ったら操縦席から
海面に投げ出されているので本人にして
みたらものすごい恐怖があったと思います。

 

その後の映像では笑顔で答えていたのですが、
後遺症は残ってしまったようですね。。。


スポンサードリンク


この後、大会側と学校関係者に対して提訴に
踏みったようですね。

 

これをみて思う事は参加している側にもしっかり
と準備していないことも気になりますが、大会
運営上危険がつきものなのは分かっていたのです
から保険などの加入を事前に必須していれば、、、

 

その後は参加者全員に保険加入をお願いしている
ようなのですが、実際はこのパイロットになる方
は不安でしょうね^^;

 

この裁判については多くの意見がでていますが、
今回とくに気になったのは実際に鳥人間をされて
いた片側の立場からの意見がありました。

 

 

一部抜粋なので分かりにくいですが、鳥人間に
参加するなら『自己責任』という論争の中での
一場面です。

 

こういったことを考えだすと誰が悪い訳ではない
のですが、安全性を追求したらこの大会自体が危険
なことをやっているようにも見えてきてしまいます。

 

ただ、目的は『挑戦』だと思うので参加される
ならこのあたりもふまえてのことになるんでしょうね^^;

 

2013年の結果は!?ブログなど・・・

images (2)

この大会は毎年放送される時には終わって
いる為結果も分かっているのですが、その
結果が気になるかたにネタバレになるのかも!?

 

この大会に今年出場された方のブログが
掲載されていたので一部抜粋致します。

 

(以下引用)2013年7月30日掲載ブログより

 

【名門 東京工大のブログ】

こんにちは、東山です。
先日7/26~28にかけて彦根で行われた鳥人間コンテストに行ってきました。
我らが翼は、東工大から彦根までの数百キロの輸送に、A翼のフィルムが全長3cmにわたって破れたのみで、無事に琵琶湖湖岸に到着しました。フライト当日朝、いよいよ組みあがった時の写真です。

翼の中に全長2cmほどの虫が入っていました。優秀な翼班2年生勢がこの後取ってくれました。

きっと来年の翼班も安泰ですね。
この後、この翼はフライト後、ボロボロの姿で帰ってきました。

ちなみに両端のウイングレットは今年は両方とも無事生還しました。
そんな鳥人間コンテストの様子は9/4の午後7時から読売、日テレ系列にて放送されます。是非ご覧ください。
それでは放送後にまたお会いしましょう。
ではまた!

 

すみません。。どのサイトをみてみても結果は
極秘にされておりました。実際この強豪の
東京工大のサイトでも説明あったように結果は
9月4日の放送を楽しみにしていてほしいそうですね^^;

 

ただ、このチームは羽根がぼろぼろなっていた
らしいのでもしかしたら、、、結果はやはり
9月4日ですね^^

 

まとめ

鳥人間コンテストは以前の問題事件により開催
も危ぶまれておりましたが、無事開催されて
盛り上がっていたらしいので、どんなフライト
があったのか!?
大会記録は更新されたのか!?などきになるので
是非9月4日は放送を楽しみにしています!!

 

⇒9月といえば、松本潤さんの新ドラマが
発表になっております。
(詳しくはコチラをクリック!)

最後まで読んで頂きまして有り難う御座いました。