Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

images
ドラマ『続・最後から二番目の恋』
2014の新キャストに加瀬亮が!

二人の恋の行方に、長谷川京子と
動絡んでくるのか注目です!!


スポンサードリンク

木曜10時にあの人気ドラマ《最後から二番目の恋》
が帰ってきます!

images (1)

鎌倉を舞台に、おもしろおかしい中にも、
なんだか切ない大人たちの青春。

週の中だるみな時間帯に、るゆっと観てほしい。

「大人の青春は手に負えない」

2012年1月より開始した連続ドラマ、
その年の秋にスペシャル版を経て、

2014年4月殻の新ドラマとして、名前を
『続・最後から二番目の恋』と改め、スタートします♪

⇨春ドラマ注目は他にも!あの”半沢直樹”チームが作り出すものとは!

キャストはもちろんおなじみの吉野千明役の小泉今日子さん、
その隣人である長倉和平役・中井貴一さん。

そして、その周りを囲むいつものメンバーに加えて、
新キャラ登場です!

原田薫子役の長谷川京子さんは、
中井貴一演じる長倉和平の娘・えりな(白本彩奈)の
彼氏役の男の子の母親役で、シングルマザーの設定。

なんて綺麗なお母さん!!w

ハセキョーも中学生?(高校生かも?)の子どもの親を
演じる年になられたんですね!

こんなお母さんなら、息子としても鼻が高いでしょうねw

二人目の柴田理恵さんは、和平さんが勤める鎌倉市役所での
直属の上司である鎌倉市長を演じます。

癖のある女市長で、和平さんを振り回す役だそうでw

柴田理恵さんを連続ドラマでお見かけするのは、
凄く久しぶりな気がします♪

なんか分からないけど、市長役が似合いますよねw

このドラマ続編での大注目キャラ登場か!?

fdjk

今回は、なんといっても三人目の高山涼太役の加瀬亮さん!!
加瀬さんは、テレビシリーズ第二話での千明のセリフの中で登場した、

あの’’ポストイットの彼’’ですww

 ⇨加瀬亮さんといえば、この作品を忘れては行けませんよ^^

ポストイットの彼とは、千明が一回り年下の彼と
同棲しだしたが、数日後、「ごめん。無理」と
書かれたポストイットを残して姿を消した元カレのこと。

 


スポンサードリンク

 

そんな彼とのイタいエピソードを、
落ち込んでいる真里子(内田有紀)に笑ってほしいが
ために、打ち明けたのです。

そんな彼と再会するのは、第1話の後半のようですよ♪
それからの二人の関係が気になりますねヽ(◎´∀`)ノゎ──ィ!!

ドラマの見どころとポイント

feoee

このドラマでは、千明とともに渡辺真起子(水野祥子役)
と森口博子(荒木啓子役)の独身アラフォー女子の
飲み会がたびたび登場するんですけど、
それがまたなんとも言えない切なさと面白さなんですよねw

時には、女の子とのように最近出逢ったイケメンの話
などの話をするかと思えば、老後や両親の面倒の話、
はたまたお墓の話をしたり。。。

回転寿しに行っては、誰にも食べてもらえず
延々をまわっている寿司に自分たちを重ね合わせ、
落ち込んでみたりw

そんな彼女たちの飲み会シーンは、
よく窓枠越しに撮影していたり、あえてカメラ前に
柱が映っていたりしていて、まるでその女子会を
外から覗き見しているかのような撮影がしてあるよころがあります。

その撮影方法は、わりとよく使われているので、
それも見つけてみてください♪

とあるなんでもない会話を盗み聞きしている
ような気分になりますからw

そんな千明と対照的なキャラクターと設定なのは、
水谷典子役の飯島直子さん。

長倉和平の妹で、結婚し家を出ているが、
なにかと家庭で揉めては、長倉家に居座る頑固で
強気な主婦の役です。

千明とは同い年くらいの役なので、最初のほうは
独身でキレイで自由にみえる千明に嫉妬し、しょっちゅう
喧嘩してましたが、今では「お互いいろいろある」
と気づいてからは、いい関係を気づいてます。

飯島直子さんの服装って、本当によくいる
中年の奥さんの服装さんなんですよ。

一つにくくった髪と、いつもダウンジャケットにジーパン。
「私だって時間とお金があれば、キレイになるのよ」ってな感じで
よく千明にくってかかってましたねw

それを飯島直子という、本当は色気ムンムンの
綺麗なおねえさんが演じているのに、
それを感じさせない感じが、さらにリアリティで面白い。

ざっくりした今までのあらすじw

images (2)

40歳で仕事女の千明(小泉今日子)は、プライベートだけは
スローライフに憧れて、鎌倉の古民家に引っ越してきた。

その隣の家には、長倉真平(坂口憲二)が
自宅を改装し、カフェを経営していた。

その家には、長倉和平と娘・えりな、
真平とその双子の姉・真里子(内田有紀)の5人家族。

真平は、幼い頃見つかった脳腫瘍の再発を恐れ、
いつ自分がいなくなっても良いようにだれとも真剣に
恋愛しないかわりに、全ての寂しかったり悲しんでいる
女性の役に立ちたいと思っていた。

そんな真平のボランティアにも似た優しさに甘えて、
彼を「天使君」と思いながら、関係をもつ千明。

【ここらへんの話も、文章にすると難しいんですけど、真平君の純粋な
優しさも、千明の何とも言えない気持ちも、ぜひ大人の方に観てほしい!】


ドラマの終盤で、真平をキープしている自分に嫌気がさし、
二人は別れますが、もちろん今でもよき隣人として、
更にいい関係の二人です。

妻を突然の事故で亡くし、忘れられず次に進めない和平。
(スペシャル版の最後で、千明といい感じになってます♪
本当にやっとこさですよw。でもだからといってつき合って
いるとか結婚て言うのもまだなので、
そこらへんが今回描かれていると思います♪)

弟がもしかしたら本当に居なくなってしまうかもという恐怖から
自分を閉ざしがちになってしまった双子の姉・真里子。

旦那に愛されているのか、息子から嫌われているんじゃないかと、
自分の存在価値に悩む典子。

それぞれにいろんなことを抱え、思い、日々を生きている。
決して暗い内容ではありません。

ただ、どんな人にもそれぞれの事情があって、それを埋めたり、
支え合う家族であったり、本当はあかの他人であるはずの
友人や隣人がいて、初めて成り立っている自分。

このドラマは、たぶん途中から観てもだいたいの
流れは分かると思います。

流れ云々で観てほしいわけではなく、いいセリフが多いので
それを観るために、ドラマシリーズの所から観てほしいなって感じです。

【最高の離婚】を好きだった人には、なおさらおすすめ。
名言がたくさんでてきますよ♪

大人になるって、愉しいのかも。